最近のトラックバック

泣けるピアノ曲

悲しい時、失意の時に聴きたい曲を集めてみます。
泣くことは、悪いことではない。

【バッハ/シロティ編曲:プレリュード ロ短調】

2011年2月、デニス・コジュヒンに泣かされる。
動画:エミール:ギレリス

ギレリス、あまりにも早く逝ってしまった。聴きたかった。

【スカルラッティ:ソナタ ヘ短調 K.466】

2011年1月 エフゲニー・スドビンに泣かされる。
演奏:エミール・ギレリス

【ブラームス:間奏曲 Op.118-2】

2010年7月 ジャン=フレデリック・ヌーブルジェに泣かされる。
演奏:ニコライ・ルガンスキー

【グルック/ユジャ・ワン:メロディ】

2010年8月のヴェルビエ音楽祭の配信でユジャ・ワンに泣かされる。

【ショパン/マズルカ Op.17-4】

自分で弾いては泣いている。演奏:ペーテル・ヤブロンスキ

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

twitter

2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ