最近のトラックバック

« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

2012年1月の6件の記事

2012年1月 4日 (水)

ヌーブルジェ海外コンサート情報

今年、どういうプログラム構成でコンサートを行うか占う意味で、これは重要な情報かもしれません。

今年は一応ドビュッシーの生誕150年祭ということもあるのでしょうか。
ヌーブルジェのドビュッシー、「月の光」を一度だけ聴きました。
それは美しかった。

あとはやはり、現代ものですか(-_-)

2012年7月17日
メシアン・フェスティヴァル
フランス南アルプス、メージュ村

・ブーレーズ:ピアノ・ソナタ第2番
 Boulez: Sonata No. 2 for piano

・ヌーブルジェ:Stained glass  man without eyes
 Neuburger: Stained glass  man without eyes

・バルトーク:ハンガリー農民歌による即興曲 Op.20
 Bartok: Improvisations opus 20

・メシアン:火の島 Ⅰ、Ⅱ
 Messiaen: Islands of Fire 1 and 2

・ドビュッシー:練習曲集第2部より
    《半音階のための練習曲 》(無調)
    《装飾音のための練習曲 》(ヘ長調)

 Debussy: Two studies of Book 2,
 “Pour les degres chromatiques”
 “Pour les agrements”

2012年1月 1日 (日)

【ヌーブルジェ動画】ショパン:ノクターン 第5番 嬰ヘ短調 Op.15-2

ラ・フォル・ジュルネ in ワルシャワ (2010/6)の第5弾。

この動画、画質・音響・カメラアングルともにとても高品質。

削除されないことを祈ります。

 

【ヌーブルジェ動画】ショパン:演奏会用アレグロ Op.46

第4弾。

以前、NHKで放映されたものをアップしましたが、こちらの方が音質、画質とも上等です。

【ヌーブルジェ動画】ショパン:ポロネーズ 第1番、第2番 Op.26

新年3連発(^_^)v

2010年6月

ラ・フォル・ジュルネ in ワルシャワ

での演奏。

この2つのポロネーズに関しては、古今、ピアニスト数多くいるとしても、間違いなく on of best と言っても過言でないでしょう。

 

【ヌーブルジェ動画】ショパン:スケルツォ第1番

どうやら最近配信があったのかもしれません。

ラ・フォル・ジュルネ in ワルシャワ

ヌーブルジェ絶好調時の強烈なスケルツォです。

【ヌーブルジェ動画】ショパン:ボレロ イ短調 Op.19

2012年、新年早々、ヌーブルジェのお宝映像がみつかりました。
この曲は、ヌーブルジェと初めて出会った2008年のル・ジュルナル・ド・ショパン@オペラシティで聴きました。

あの時はもっと軽やかに躍動感あふれて弾いていましたが、この動画では、風貌も何だか野性味があって、音楽の方も激しさと深刻さを増してします。

ブリリアントで硬質なタッチは健在。
凄いです。

演奏は2010年6月、ワルシャワでのラ・フォル・ジュルネのもの。
この年の5月、日本でのソロはやや調子が悪かったですが、ワルシャワは絶好調のようです。

« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

twitter

2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ