最近のトラックバック

« ミハイル・ヴォスクレンスキー ピアノリサイタル@東京文化会館小ホール | トップページ | 【webラジオ】リスト・ピアノ協奏曲第1番&第2番byヌーブルジェ »

2011年12月 9日 (金)

アレクセイ・リュビモフ ピアノリサイタル@すみだトリフォニーホール(速報)

2011年12月9日(木)

本来今年の4月に行われるはずだったリサイタルでしたが、さすがに震災直後で、延期されていたものでした。

よくぞ「中止」でなく、「延期」として来日してくださいました。
リュビモフさま。
1944年生まれの67歳。かのゲンリヒ・ネイガウスの最後の弟子の一人。

今年最高というべき演奏を聴かせていただきました。
ありがとうございましたm(_ _)m

まずは全体的な感想を。

【前半】
シューベルト:
 即興曲集 D899
  第1曲 ハ短調、第2曲 変ホ長調、第3曲 変ト長調、第4曲 変イ長調

 さすらい人幻想曲 ハ長調 D760

【後半】
シューベルト
 即興曲集 D935
  第1曲 へ短調、第2曲 変イ長調、第3曲 変ロ長調、第4曲 へ短調

【アンコール】
モーツァルト:ピアノソナタ ハ長調 K.545 第1楽章
ドビュッシー:「ピアノのために」第1曲
スクリャービン:「2つの詩曲」から嬰ヘ長調
ドビュッシー:前奏曲集第1巻から「沈める寺」

シューベルト。
これが、シューベルトです。
儚く、切なくも美しい。

常に“死”と隣合わせで、寂しく微笑んでいる。

あふれる涙を止めることができませんでした。

純化した美。
その美は官能的というようなそれではなく、精神がぎりぎりに研ぎ澄まされ、到達したところの美。

できることなら、アンコールではもう一度899-3を聴きたかったです。

だって、ほとんど泣きっぱなしで、冷静に聴けてなかったものですから。

でも、雰囲気もタッチも変わったアンコールもまた素晴らしく、一晩で毛色の違ったコンサートを2つ体験してしまった気分です。
ドビュッシーなどは、どうも表面的な音楽の美しさしか感じず、苦手だったのですが、そうではない、心に届くものなのだ、ということがわかりました。

アレクセイ・リュビモフ。
今後来日の際には、絶対に追いかけて聴きたいです。

« ミハイル・ヴォスクレンスキー ピアノリサイタル@東京文化会館小ホール | トップページ | 【webラジオ】リスト・ピアノ協奏曲第1番&第2番byヌーブルジェ »

他のピアニストの記事」カテゴリの記事

コメント

くまさん、今年もリュビーモフが来日しました。あなたの大好きな、シューベルトのD899を弾かれましたよ……。
みんな、元気です。みんな、くまさんのことをいつも思い出します。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ミハイル・ヴォスクレンスキー ピアノリサイタル@東京文化会館小ホール | トップページ | 【webラジオ】リスト・ピアノ協奏曲第1番&第2番byヌーブルジェ »

twitter

2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ