最近のトラックバック

« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »

2011年8月の10件の記事

2011年8月29日 (月)

イリーナ・メジューエワ @横浜みなとみらい大ホール~革命エチュードのある発見

2011年8月13日(金)
(やや遅いレヴュー)

メジューエワを知ったここ数年、ある時は会議室で、ある時は地方の小さなホールで、と至近距離でダイレクトな音ばかりを聴いてきました。

なぜ、東京のメインの大きなホールでリサイタルを開かないのだろう?

初めて大きなコンサートホールで彼女を聴く事ができました。

<オール・ショパン・プログラム>

【前半】
幻想即興曲 嬰ハ短調 作品66
華麗なる大円舞曲 変ホ長調 作品18
小犬のワルツ 作品64の1
ワルツ 嬰ハ短調 作品64の2
エチュード
 変イ長調 作品25の1《エオリアンハープ》 
 ヘ短調 作品25の2 
 変ト長調 作品10の5《黒鍵》
 嬰ハ短調 作品25の7
 ホ長調 作品10の3《別れの曲》
 イ短調 作品25の11《木枯し》
 ハ短調 作品10の12《革命》

【後半】
プレリュード 変ニ長調 作品28の15《雨だれ》 
舟歌 嬰ヘ長調 作品60
ノクターン 嬰ヘ長調 作品15の2
即興曲 第1番 変イ長調 作品29
ワルツ 変イ長調 作品69の1《告別》
ワルツ ヘ短調 作品70の2
バラード 第4番 ヘ短調 作品52

【アンコール】
ノクターン 嬰ハ短調 遺作
プレリュード 作品28の23
プレリュード 作品28の24

前半はどうもいつものメジューエワとやや様子が異なり、音量を控えているように聞こえました。
みなとみらい大ホールは、とてもよく音が響く~時に響きすぎる~ので、音の出方をうががっているようにも見えました。

しかし、プログラムが進むにつれ、いつもの求道者のような集中力と、聴く者のハートをえぐり出すような深く強いタッチが徐々に現れ、ワルツヘ短調バラード4番からアンコールで、その音楽は絶頂に達したように感じます。

さて、この日のリサイタルで、実はある発見をしてしまいました
プロのピアノ弾きの方にとっては

「そんなの当然」

なのかもしれませんが、基本、楽譜を読まずに耳からのみ音楽を楽しんでいる素人にとっては、楽譜のちょとした解釈の違いを判別することはなかなか難しいことです。

曲は前半の最後に弾かれた、ショパンの楽曲の中でも、その有名度合いは間違いなく5本の指には入るだろうと思われる、

『革命のエチュード』

です。
私自身も、過去、多くのピアニストの演奏に接してきました。

メジューエワが弾きだします。

まず遅い。

そして、左手がなんか変。

とても変!!

申し訳ないですが、とても下手、に聞こえてしまうのです。
拍ごとに、流れを断ち切るように、アクセントを入れる。
つまり、普通だったら

「ティラタラリラタラリラタラリラタラリラタラリラティアティアティアティアタン!」

と聞こえるのが

「ティラ ラリラ ラリラ ラリラ  ラリラ  ラリラ ティアティア ティアティア タン!」

のように聞こえるのです。
不器用な感じ、と言ってもよいかもしれません。

この曲に関しては、やや納得のいかない感覚を持ったまま家に戻り、疑問を解決するため、他のピアニストの演奏を聴くと、やはり、ほとんどメジューエワのようには聞こえません。

つまり、左手はつながって聞こえます
わがヌーブルジェも、ものすごく流麗に弾いています。
あえて注意して聴くと、ホロヴィッツあたりは、多少似た感じには聞こえます。

ちなみに、この曲は勇壮な曲と思われているけれど、実は左手のレガートの練習です、とピアニストの久元祐子さんのレクチャーで教わったことがあります。

で、いよいよ楽譜を見てみることにしました。

論より証拠、見れば疑問はたちどろこに氷解します。

Photo

ということで、メジューエワは、あえてスピードを落とし、ショパンのアクセントの指示を忠実に表現しようとしていたことが判明しました。

それにしても、かなりデフォルメした感はありましたので、

「今までの演奏は間違いですよ」

とでもメッセージを発しているとしか、私には思えません。

このあたり、機会があったら、ぜひご本人の意図を確かめてみたい気もします。

※久本さんのレクチャーの裏付けとして、左手の指示には "legatissimo"とあります。用語辞典によれば、molt legato ということです。
ガツガツ弾いてはいけない、ということですね。

※楽譜はIMSLPのパブリックドメインのものを使用しています。

2011年8月27日 (土)

アートかパーフォーマンスか?【ユジャ・ワン&ブニアティシヴィリ連弾】

先日まで開催されていたスイスでのヴェルビエ音楽祭。

今をときめく、そして、アメリカでショートドレス事件の話題がかまびすしい、ユジャ・ワン。
そして、アルゲリッチがいたくお気に入りだという、カティア・ブニアティシヴィリ。
その2人による激しいブラームス:ハンガリー舞曲の連弾の模様です。

先日まで1番だけが観られたのが、5番もはいっています。
(また削除されてしまうかもしれませんが)

はっきりいって、連弾としては全然合ってません(^_^;)
特に5番はひどい。
もう、2人で好き勝手やってます。
溶け合ってない。

しかし、強烈な個性と超絶技巧とが火花を散らして、さらに、2人ともエロティックなものですから、もうパーフォーマンスとしては目が離せません。

ブラームスが聴いたら、さぞかし仰天して、ひっくり返ってしまうことでしょう。

昨今、クラシック音楽界も、あれやこれや、工夫を凝らして、とにかく聴衆にアピールしようと躍起になっているような気がします。
このヴェルビエ音楽祭でも、主催者側のそういった姿勢に、ギドン・クレーメルが嫌気がさしてしまって演奏をキャンセルするという事件がありました。

さまざまな刺激にならされている今の若い人たちにアピールするには、ある程度、パーフォーマンスも必要であることでしょう。でないと、クラシックの聴き手はじいさん、ばあさんばかり、ということになりかねませんから。

でも、パーフォーマンスだけでは、いずれ化けの皮がはがれてしまう。

ブニアティシヴィリはまだライヴを聴けていないので何ともいえませんが、3月の震災直前に聴けたユジャ・ワンはアーティストとしても、絶対本物だと思います。

きっとアートとパーフォーマンスとを両立させてくれることでしょう。

※ちなみに、ユジャ・ワンとブニアティシヴィリは1985年生まれの同い年です。

※譜めくりはブニアティシヴィリのお姉さん。あごで譜めくりを指示するカティアが怖い・・・

※お互いにこやかなんだけれども、微妙な緊張感が漂っている・・・

2011年8月24日 (水)

25日6時、コンスタンチン・リフシッツ@BSプレミアム

朝の6時という早い時間ですが、ロシア人ピアニストのリフシッツのリサイタルが聴けます。

チャンネル:NHK BSプレミアム  場所は 紀尾井ホール

【プログラム】 

                             
「バイオリンとビオラのための二重奏曲 変ロ長調 K.424」
                      モーツァルト作曲
                              
「エチュード 作品25」            ショパン作曲
                              
           (ピアノ)コンスタンティン・リフシッツ

※ショパンのエチュードOP.25は、9月のトリフォノフも弾きます。

2011年8月23日 (火)

『世界最高のピアニスト』(許光俊著:光文社新書)

こういう本が出ると、とりあえずは手にとってしまいます。

世界最高のピアニスト (光文社新書) Book 世界最高のピアニスト (光文社新書)

著者:許光俊
販売元:光文社
発売日:2011/08/17
Amazon.co.jpで詳細を確認する

本書は一般的に「世界最高」と言われているピアニストを取り上げているのではなく、あくまで、著者の好みを押し通しているところに特色があります。
また、故人と現役はごちゃまぜです。

一般的には「世界最高」あるいは「有名」だけれど、著者の好みからするとそれほどでもない、というピアニストは、おまけ編で少し記されています。

本編の方は、その並べ順からして、「普通でない」ことを相当に意識しています。
書かれている順に抜き出すと、
1.ヴァレリー・アファナシエフ
2.イーヴォ・ポゴレリッチ
3.ヴィルヘルム・ケンプ
4.ヴラディーミル・ホロヴィッツ
5.フリードリヒ・グルダ
6.マウリツィオ・ポリーニ
7.マリア・ジョアン・ピリス
8.クリスチャン・ツィメルマン
9.マレイ・ペライア
10.グレン・グールド
11.ファジル・サイ
12.ラン・ラン
13.フー・ツォン
14.その他

という具合です。
ピアノを聴きこんでいる方なら、これがどれだけ普通でないかは、すぐわかることでしょう。

著者自身も自覚して少し書いていらっしゃいますが、どうもこの本、ピアノとピアニストに対する愛というか、リスペクトというか、そういうものをあまり感ずることができません。

特に、その他で触れられている名ピアニストたちは、基本、ケチョンケチョンにけなされています。

なので、ピアノ好きの方が読むと、後味はあまりよろしくないかもしれませんね。

ラ・ロック・ダンテロン国際ピアノ音楽祭の配信

今年のラ・ロック・ダンテロン国際ピアノ音楽祭の動画配信がだいたい出そろったようです。

しばらくの間は観られるので、ゆっくり鑑賞したいところです。

残念ながらヌーブルジェの姿は見られませんでした。

クロージングのパート1に名前がありますが、間違いです。

arteは、どうも固定で置いてないので、ありかがはっきりしないのですが、今のところ、次のサイトが一番まとまっているようです。時間によって、出てくるものが違います。

http://liveweb.arte.tv/fr/festival/La_Roque_d_Antheron_2011/

注目どころとしては、

 ルガンスキーのラフマニノフ2番のコンチェルト

 

 チッコリー二のベートーヴェン3番、シューマンのコンチェルト

 

 ニコラ・アンゲリッシュのリスト・リサイタル

 

 クロージングコンサートでのさまざまな企画。

   トリスターノの内部奏法、フランク・ブラレイのラプソディ・インブルー

   ルガンスキーとルデンコのデュオ。

   ヘクサメロン

   ブラレイとカドゥシュのモーツァルト2台のピアノのためのコンチェルト

   等々

まだまだ面白そうなプログラムはたくさんあったのですが、配信はごく一部。

どういう基準なんでしょうねえ。

全演奏を1ヶ月くらい配信してもらえるなら、3000円くらいはらう価値あると思うのですが。

2011年8月22日 (月)

ヌーブルジェ 空振り(=_=)

昨日、ラ・ロック・ダンテロン音楽祭のarte.tvによる配信で、ヌーブルジェが登場して、トリスターノとバッハを弾く、と書きましたが、見事にはずれました。

事前のプログラムはチェックしていて、リストのピアノ協奏曲以外出番はないと思い込んでいたので、なぜ急に、という感じはしました。

arteの配信はまだ観られますが、そのプログラムと出演者の記載にはまだヌーブルジェの名前が載っています。

しかし、明らかに違います。

もしや、髪と髭をを伸ばし、太らせたら、と思いましたが、違います。

もし信じて夜更かししてしまった方がいらっしゃたらごめんなさい。

2011年8月21日 (日)

【緊急告知】ヌーブルジェ&トリスターノ@ラ・ロック・ダンテロン動画配信

まったく事前にチェックできませんでした。

おそらく、明日22日1時、つまり今日の深夜25時に、ラ・ロック・ダンテロン音楽祭の模様が、フランスのarte live web で放映されます。

そこに、なんと、ジャン=フレデリック・ヌーブルジェが登場。

曲目は、バッハのコンチェルト BWV1060

この曲、どうもヴァイオリンとオーボエのための二重協奏曲らしいのですが、それを2台ピアノでplayするようです。
そして、共演者がなんと、フランチェスコ・トリスターノ

もう寝る準備に入ってしまいましたが、これは寝るわけにはまいりません。

トリスターノがヌーブルジェにシンパシーを持っているのはtwitterで知っていましたが、まさか、共演するとは・・・

とにかく絶対見逃せない、久々の大ヒットです。

http://liveweb.arte.tv/fr/video/Cloture_Roque_d_Antheron_1/

2011年8月 8日 (月)

ユジャ・ワン@ヴェルビエが早速You Tubeに登場 but 即削除

2011年7月28日にヴェルビエ音楽祭で行われたユジャ・ワンのコンサートの模様が、早くもYou Tubeに登場しました。

もっとも、まだmedici.tvの公式動画が配信されているので、すぐ削除されてしまうかもしれません。

※実際即削除されました。もう観られません

とっつきやすいのはこちらですね。
高画質、高音質。迫力満点。

ラフマニノフ:ピアノ協奏曲 第2番
指揮:ユーリ・テルミカーノフ オーケストラ:ヴェルビエ祝祭管弦楽団
ピアノ:ユジャ・ワン

【第1楽章】

【第2楽章】

【第3楽章】

おまけブニアティシヴィリとのデュオ。

【ブラームス:ハンガリー舞曲第1番】

天才同士の微妙な駆け引き。笑いながらも、火花を飛ばす。

2011年8月 7日 (日)

ピアニスト、ライジング世代

今年にはいってから、コンサートを聴きにいったり、ネット配信の動画を観たり、CDを聴いたりと、若い才能あるピアニストたちの演奏をかずおおく聴いています。

それで感じるのが、どうもある年代に、ごそっと素晴らしく個性的な才能が集結しているのではないか、ということです。

わがヌーブルジェを基準に、思いつくまま何人か上げてみます。

1984年生まれ   アレクサンダー・ガブリリュク(ウクライナ)

1985年生まれ   ユリアンナ・アブデーエワ(ロシア)
            ラファウ・ブレハッチ(ポーランド)

1986年生まれ   ジャン=フレデリック・ヌーブルジェ(フランス)
            デニス・コジュヒン(ロシア)
            アンドレイ・コロベイニコフ(ロシア)

1987年生まれ   ユジャ・ワン(中国)
            カティア・ブニアティシヴィリ(グルジア)

今年24歳~26歳。

もの心ついたころには、ベルリンの壁が崩壊し、東西の文化的な垣根がとりはらわれたころです。そのあたり、教える師匠の側に、何か精神的影響があったとするのは考えすぎでしょうか。

若き天才がさらに成熟して、音楽にますます磨きがかかりつつある過程をリアルタイムに観察することができる。

なんて、良い時代になったことでしょう。

それにしても、この年代、職場でいえば、まだ2~3年の新人、ペーペーもいいところの年頃です。
教えること、経験させなきゃいけないことがやまほどある。

天才と凡才との差は天と地くらい違います。 

※この年代で「××がなぜ入っていないんだ」というのありましたら、ぜひ教えてくださいませm(_ _)m     

 

2011年8月 3日 (水)

ヌーブルジェ海外コンサート情報~新レパートリーが出た!

ようやくヌーブルジェが新しいプログラムでコンサートを行う情報を得ました。

今度は現代音楽ではありません。
古典派の曲です!
・・・
・・・
・・・
・・・
・・・
元は・・・・・・・・・・・

ベートーヴェンのシンフォニーのリスト編曲版。
4番と5番。

グールドで5番と6番を聴いたことがあります。
6番のさわりはyou tube でも観られます。

いや、変な演奏ではありません。
実に素晴らしい。

ベートーヴェンとリストの天才を一挙に体験できる。

でもなあ。

普通の曲も聴きたい。

ヌーブルジェ、やはり一筋縄ではいきません。
惚れ込んでいるので、何でも受容しますが。

おそらく、指揮の勉強をしているので、その一環なのではと想像します。

【コンサート情報】 ※行き(け)ませんけど

2011年10月2日
フランス南部の修道院?
Abbey Hautecombe

ベートーヴェン/リスト編
 交響曲 第4番
 交響曲 第5番

« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »

twitter

2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ