最近のトラックバック

« パク・ヘユン ヴァイオリンリサイタル@紀尾井ホール | トップページ | ヌーブルジェ海外コンサート情報~新レパートリーが出た! »

2011年7月31日 (日)

『二十世紀の10大ピアニスト』(中川右介著、幻冬舎新書)

二十世紀の10大ピアニスト<br>ラフマニノフ/コルトー/シュナーベル/バックハウス/ルービンシュタイン<br>アラウ/ホロヴィッツ/ショスタコーヴィチ/リヒテル/グールド (幻冬舎新書 な 1-8) 二十世紀の10大ピアニスト<br>ラフマニノフ/コルトー/シュナーベル/バックハウス/ルービンシュタイン<br>アラウ/ホロヴィッツ/ショスタコーヴィチ/リヒテル/グールド (幻冬舎新書 な 1-8)

著者:中川 右介
販売元:幻冬舎
Amazon.co.jpで詳細を確認する

長い副題は
~ラフマニノフ/コルトー/シュナーベル/バックハウス/ルービンシュタイン/アラウ/ホロヴィッツ/ショスタコーヴィチ/リヒテル/グールド~

20世紀に活躍したこれら10人の大ピアニストたちの生涯のエピソードを、編年体で、つまり、時間軸に沿って、歴史上の社会・政治のエピソードにからめて紹介していきます。

特定のピアニストの伝記に比べて、複数のピアニストたちの活躍の場は世界各地で行われているため、ワールドワイドなダイナミックさをもったドラマに仕上がっています。

また各ピアニストたち同士の関係が、いろいろな局面で絡み合って、エピソードが重層的になって非常に面白い。

20世紀の激動の世界史に翻弄されつつも、その芸術的才能のおかげで、逞しくも生き抜いた天才たちの様々な人生。

それぞれに波瀾万丈の人生の中でも、派手なエピソードの数々に彩られているルービンシュタインやホロヴィッツに対して、その知名度のわりにはエピソードの類が少ないバックハウスやアラウ
なんだか、演奏にも人生が現れていると思えます。

読んでいると、改めてこれらの巨匠たちの演奏を聴き直してみたくなること請け合いです。

すでに、多くの録音がCD化されていますし、もう彼らの録音は、50年という著作隣接権の期限が切れて、今年でいえば、1961年の演奏が解禁となるわけで、次から次へと新録音が現れてくる可能性があるので、楽しみです。

また、今ではYou Tubeという強烈なソーシャルメディアがありますので、わざわざCDを探し求めなくても、ある程度の演奏の様子は、即入手できますね。

良い時代になったものです。

※面白かったエピソード一部紹介

・ホロヴィッツのアメリカデビューでのチャイコフスキーのコンチェルトの演奏は、オケと指揮者を置き去りにした、それはハチャメチャなものであった。なぜなら・・・

・親しく付き合っていたホロヴィッツとルービンシュタインは、ある時をさかいに、ぴったり交流がなくなってしまう。その理由は実に些細なことだった。何かというと・・・

・ラフマニノフは友人であり、ライバルであったスクリャービンの葬儀の後、チャリティーでスクリャービンの作品の連続演奏会を開いた。しかし・・・

・ルービンシュタインが戦後来日して武道館でリサイタルを行った1週間後、同じ武道館でコンサートを行ったのは何と・・・

・ホロヴィッツが亡くなった5日後に起こった世界史的大事件が・・・

« パク・ヘユン ヴァイオリンリサイタル@紀尾井ホール | トップページ | ヌーブルジェ海外コンサート情報~新レパートリーが出た! »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1169149/41031952

この記事へのトラックバック一覧です: 『二十世紀の10大ピアニスト』(中川右介著、幻冬舎新書):

« パク・ヘユン ヴァイオリンリサイタル@紀尾井ホール | トップページ | ヌーブルジェ海外コンサート情報~新レパートリーが出た! »

twitter

2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ