最近のトラックバック

« イリーナ・メジューエワコンサート情報 | トップページ | ニコライ・デミジェンコ ピアノ・リサイタル@すみだトリフォニーホール2 »

2011年6月 4日 (土)

ニコライ・デミジェンコ ピアノ・リサイタル@すみだトリフォニーホール1

《ロシア・ピアニズムの継承者たち》 第3回 第1日
ニコライ・デミジェンコ ピアノ・リサイタル
2011年 6/4(土) 18:00開演

リストを聴いて初めて泣きました。
シューマンもショパンも、それは素晴らしかった。
もっと多くの人に聴いてほしかったです。

【プログラム前半】
シューマン:ウィーンの謝肉祭の道化 op.26
シューマン: 謝肉祭 op.9

 

【プログラム後半】
リスト:伝説 S.175-1
  小鳥に説教するアッシジの聖フランチェスコ
リスト / ピアノ・ソナタ ロ短調 S.178

 

【アンコール】
ショパン:ノクターン嬰ハ短調 遺作
ショパン:ノクターン 嬰ハ短調 Op.27-1(※)
スカルラッティ:ソナタ 嬰ハ短調

※終演後ロビーに貼り出されたアンコール曲目では27-2となっていましたが、間違いです。

開始直前になってもホールが埋まらず、1階もまばら、2階中央数名、3階中央はゼロ、総数でおそらく200~300人くらいしか入っていなかった寂しい状況で開演しました。

人が少ないだけにホールは風呂場状態となるのではという危惧を持ちました。
案の定、最初の「ウィーンの謝肉祭の道化」は、とてもソフトで骨太で心地良い音ながら、やや響きがお団子状態で始まりました。

しかし、音楽が進むにつれ、ピアノもホールになじみ、聴く耳も慣れ、おそらくデミジェンコもコントロールしたのでしょう、どんどん音に透明度が増してきて、大変すばらしい音色を堪能することができました。

そして何よりデミジェンコの音楽。
この人は、全身が音楽で包まれているようです。
メロディーラインがくっきりと浮かび上がり、その歌い方はたいへんロマンティックであるけれども、くどいわけではなく、かといってさっぱりしすぎでもなく、心地良く、穏やかに流麗で、身も心もゆだねられてしまいます。

うねるようなスケールの盛り上がり、ハッと思わせる終止、単旋律の響きの極上の雰囲気、けっしてがさつにならない厚いフォルテ、消え入りそうなピアニシモ。ゆるい曲想になったときの、テンポをおとした、しみじみとした叙情。
泣けます。

曲想が次々に移り変わるシューマンは、ときにめまぐるしすぎて、ついていくのがかったるくなることがありますが、デミジェンコの手にかかると、そのニュアンスや音色の変化、緩急強弱の自在さがあまりに見事で、目が離せない、いや耳が離せない。

1曲目も良かったですが、響きが安定した2曲目の「謝肉祭」は、さらにすばらしかった。こんなにも楽しい謝肉祭を聴けたのは初めてかもしれません。

前半だけで、もう十分チケット代を回収してしまった最高の気分でしたが、後半さらに驚きは続きます。

【次記事へ続く】

« イリーナ・メジューエワコンサート情報 | トップページ | ニコライ・デミジェンコ ピアノ・リサイタル@すみだトリフォニーホール2 »

他のピアニストの記事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1169149/40261836

この記事へのトラックバック一覧です: ニコライ・デミジェンコ ピアノ・リサイタル@すみだトリフォニーホール1:

« イリーナ・メジューエワコンサート情報 | トップページ | ニコライ・デミジェンコ ピアノ・リサイタル@すみだトリフォニーホール2 »

twitter

2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ