最近のトラックバック

« 明日からルービンシュタイン・国際ピアノコンクール | トップページ | 追悼曲いろいろ »

2011年5月15日 (日)

パーヴェル・ネルセシアン ピアノリサイタル@東京文化会館小ホール

5月14日(土)
世界広し。ロシア広し。いったいどれだけ素晴らしいピアニストたちがいることやら。
パーヴェル・ネルセシアン。1964年モスクワ生まれ。モスクワ音楽院教授。

【東日本大震災犠牲者追悼曲】 
ショパン/ノクターン 第13番 ハ短調 作品48-1

【プログラム前半】
チャイコフスキー:『四季』全曲

【プログラム後半】
ベートーヴェン:ピアノソナタ32番
スクリャービン:ピアノソナタ第10番
スクリャービン:2つの舞曲 作品73
   「花飾り」
   「暗い炎」
スクリャービン:詩曲「炎に向かって」作品72 

【アンコール】
ショパン:ワルツ第3番 イ短調 作品34-2
ショパン:ワルツ第5番 変イ長調 作品42

細身で長身の紳士。
最初は震災の追悼ということで、ショパンのハ短調ノクターンが最初に弾かれました。
やや遅めのテンポでとても集中した出だし。好きです。
べたつかない適度なルバート。
ちょっと変わった入れ方の装飾音。
中間部から後半主題回帰への激情も素晴らしい。
でも、大音量で叩きまくるのではなく、知的な抑制のきいたノーブルなショパン。
できれば、もっと間合いの静寂を味わいたかったのですが、会場が全く落ち着かず終始ざわついていたのが残念でした。

チャイコフスキーはお国ものだけに、ロシアン情緒たっぷりに弾くのだろうかと思っていましたが、ネルセシアンはここでもスマートにさりげない叙情性をみせます。
6月の舟歌は、先日のLFJでコロベイニコフの思い入れたっぷりの演奏を聴いたばかりでしたが、まるで違います。早めのテンポで拍子抜けするくらいあっさりの味付け。しかし、そのあっさりの中に、しみじみとしたロマンがにじみ出る。

3月、10月の短調の曲は、遅めだったかもしれませんが、基本的にはナチュラルで過剰にのめり込まない。

長調の曲は、軽やかで優しく歌い上げる。
早いパッセージは、リズム感がとても気持ちよく、もたつきのない、半歩前をいくモダンな感性。

前半終わったところで、感動して2度はカーテンコールしたかったところですが、またもやサーっと拍手がひいてしまったのが、信じられません。
今回は頑張って少し拍手を続けたのですがだめでした。

後半は前半のロマン的情景のある音楽から一転、抽象的な美の世界に。

ベートーヴェン第1楽章、迫力は十分あるものの、あまりシンフォニックに音を響かせず、むしろ、短めのアタックで切れ味を強調。
テンポは普通か、やや早め。
よどみなく、妙な癖もなく、正統的な解釈。

第2楽章、これまた力みのない自然な音楽。
深い集中を保ちながら、変奏とともに徐々に盛り上がる。
第5変奏に入る前のテンポを落とした経過句は涙ものでした。

コーダの美しい美しい美しいトリルから下降スケールで昇華しようと思ったのに、一番良いところで咳き込み。ウーーーーッ、悲しすぎる。

スクリャービンは最近ようやく初期の頃の作品には多少親しむようになりましたが、後期の作品はまだまだ難解に感じます。
ベートーヴェンの第2楽章のトリルから、このトリルソナタに続けたのでしょうか。
近代曲らしい響きを演出していましたが、スドビンやユジャ・ワンで聴いたスクリャービンよりはソフトでした。

最後の詩曲、とても地味に始まったので、このまま終わってしまって大丈夫かと思いましたが、最後はさすが盛り上がりました。

アンコールは2曲。
他の会場で弾いたショパンのワルツでした。

プログラム最後のスクリャービンの清々とした音とガラッと音色を変え、ほんわりと霧のベールにつつまれたような、サロンで聴くのにふさわしい雰囲気のワルツ。

音は優しく、リズムは軽妙で洒脱。ショパンが弾いたらきっとこんな風ではなかったかと思わせるような、まるで、フランス人が弾いているようなエレガントなショパン。

ネルセシアン、間違いなく一流のピアニストでした。

※チケットは自由席で事前購入だと3500円。
安くて、演奏は一流で、たいへんありがたいのですが、どうもマナーをわきまえない人たちがたくさん聴きにきているようで、環境は最低でした。
”静寂”というものを全く味わえませんでした。
演奏者は手抜きなしで、真摯にすばらしい音楽を届けてくれたというのに、悲しいことでした。

※主催者の方にお願いしたいのは、演奏後の花束は絶対に禁止してもらいたいことです。
昔はともかく、最近のリサイタルでは、花束はプレゼントの類は、受付渡しのなっているのが普通です。
演奏の余韻にひたり、演奏者に拍手で報いたいのに、感興がだいなしです。

« 明日からルービンシュタイン・国際ピアノコンクール | トップページ | 追悼曲いろいろ »

他のピアニストの記事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1169149/40000217

この記事へのトラックバック一覧です: パーヴェル・ネルセシアン ピアノリサイタル@東京文化会館小ホール:

« 明日からルービンシュタイン・国際ピアノコンクール | トップページ | 追悼曲いろいろ »

twitter

2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ