最近のトラックバック

« ショパン:チェロソナタから本歌取りしたような曲 | トップページ | マーティン・ヘルムヘン ピアノリサイタル@トッパンホール(2) »

2011年4月30日 (土)

マーティン・ヘルムヘン ピアノリサイタル@トッパンホール(1)

1982年、ベルリン生まれ。
ドイツにも有望な若手が育ってきているようです。
(今まで自分が知らなかっただけ、ということもありますが。)
プログラムはよく練られたコンセプチュアルなものです。

【前半】
J.S.バッハ:パルティータ第1番 変ロ長調 BWV825
シェーンベルク:6つのピアノの小品 Op.19
メンデルスゾーン:無言歌集 第6巻 Op.67

【後半】
ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ第29番 変ロ長調 Op.106 《ハンマークラヴィーア》

【アンコール】
J.S.バッハ/ブゾーニ :
 コラール前奏曲「主イエス・キリスト、われ汝を呼ぶ」BWV639

長身の美青年が颯爽と登場。
バッハのパルティータ第1番はかなり好きで、この3年でiPod再生回数は100回を超えます。

最初の一音を待ちます。
一小節弾いたところで、あっ、この人は相当優しいタッチの人だとわかりました。期待が持てます。

ドイツ人というと、すぐ先入観でガツガツの直截的な演奏を思い浮かべてしまうのですが、ヘルムヘンは非常に柔和。
上行音はクレシェンド、下行音はデクレションドというディナーミクをかなりはっきり出し、ペダルもある程度使用しながら、ロマンあふれる表現です。

細部を作り込み、リピートする2回目は装飾をかなり織り交ぜて、変化をつけます。
特に、時に立ち止まりそうなアルマンドや、レガートとノンレガートを意識的に使い分けたメヌエットもおもしろい。メヌエットの中間部のリピートでは、グールドのように1オクターブ上を弾きました。

ロマンティックといってももちろんショパンのようではなく、サラバンドではむしろペダルを控えて乾き気味の詩情を出していました。
ジーグは快速。旋律となる左手の音の出し方にとても気を使っているのがわかりました。

かなり自己主張の強い、個性的なパルティータでした。
楽しかったです。

シェーンベルクのこの曲は生では4回目です。
もともと後期ロマン派以降はあまり聴かなかったうえ、旋律のない音楽は苦手なので、ライブで出会わないかぎりなかなか聴きづらい曲。
相変わらず理解は難しいですが、ヘルムヘンは前聴いた3人(菊地洋子、ダルベルト、エマール)よりずっとソフトで(ソフトペダルほぼ踏みっぱなし)、一音一音を突き放すのでなく、まとまりとして弾こうとしているように感じました。
LFJで、もう2回聴くので、もう少し勉強しようと思います。

メンデルスゾーンで旋律が戻ってきてホッとしました。
これはとてもヘルムヘンのタッチに合っていました。
彼の右手は、まったく力みがなく、鍵盤が一番下にとどくやいなやフワッと浮きあがるような感じを受けます。
そして、ペダルは抑え気味で、古典的均整感を保った、品の良い演奏でした。
良家の子息だったメンデルズゾーンの音楽にふさわしい、軽やかで明るく典雅な演奏だったと思います。

【次の記事へ続く】

« ショパン:チェロソナタから本歌取りしたような曲 | トップページ | マーティン・ヘルムヘン ピアノリサイタル@トッパンホール(2) »

他のピアニストの記事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1169149/39814537

この記事へのトラックバック一覧です: マーティン・ヘルムヘン ピアノリサイタル@トッパンホール(1):

« ショパン:チェロソナタから本歌取りしたような曲 | トップページ | マーティン・ヘルムヘン ピアノリサイタル@トッパンホール(2) »

twitter

2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ