最近のトラックバック

« ラ・フォル・ジュルネ、勝手注目ピアニスト動画(ヌーブルジェ以外) | トップページ | またもや撃沈、ヌーブルジェのチケット »

2011年3月22日 (火)

昨日はバッハの誕生日&春分の日

(21日に書きたかった記事。サーバーダウンで1日ずれてしまいました)

もっとも、ユリウス歴という古い暦らしいので今のグレゴリオ歴とは数日ずれているとのこと。

まあ細かいことは良いでしょう。

一昨日紹介したトリフォノフのお見舞い演奏を聴いて、すっかりバッハ平均律第1巻、第18番嬰ト短調のプレリュードとフーガにはまってしまいました。

今まで何度も聴いていたのに、1番から聴き始めてこのあたりになるとだいぶ飽きて集中力が落ちている頃なので、心に留まることがありませんでした。

同じようなことがゴールドベルクなどにもありますね。
折り返しの15曲までは結構残っているのだけれど、後半が良くわからない・・・・・

今回、ピンポイントでトリフォノフに聴かせてもらったことで、曲の良さに目覚めてしまったようです。

ツイッターに You Tube で探した音源をたくさんツィートしてしまいました。
良い演奏がたくさんあるのでびっくり。
特に昔のピアニストたちが相当素晴らしいことを発見して、またまた興味の範囲が広がってしまいそうです。

トリフォノフはエトヴィン・フィッシャーとかなりアプローチが似ていることがわかりました。

今晩(のはずだったが昨晩)最後は、モダン・ピアノではなく、ハープシコードによる演奏。
ライブだと蚊が鳴くような音しか聞こえないものですが、録音だと良いですね。
教会で弾かれるとこんな感じに聞こえるのかもしれません。

演奏:ケネス・ギルバート バッハ:プレリュードとフーガ 嬰ト短調

« ラ・フォル・ジュルネ、勝手注目ピアニスト動画(ヌーブルジェ以外) | トップページ | またもや撃沈、ヌーブルジェのチケット »

随想」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 昨日はバッハの誕生日&春分の日:

« ラ・フォル・ジュルネ、勝手注目ピアニスト動画(ヌーブルジェ以外) | トップページ | またもや撃沈、ヌーブルジェのチケット »

twitter

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ