最近のトラックバック

« ユジャ・ワン ピアノリサイタル@紀尾井ホール その2 | トップページ | ユジャ・ワン リサイタル@紀尾井ホール その4 »

2011年3月 6日 (日)

ユジャ・ワン ピアノリサイタル@紀尾井ホール その3

【前の記事からの続き】

アンコール1曲目はラフマニノフの「ヴォカリーズ」
歌曲のピアノ編曲版のようです。
少なくとも3つくらいあるようですが、誰の版でしょうか。

うっとりするメロディー。
こういうのになると、ユジャはため息がでるような、色香のあるロマン性をみせます。

2曲目、モシュコフスキ「花火」
お茶目な技巧曲。
ホロヴィッツが弾いている映像をみつけました。
ユジャは相当ホロヴィッツがお好きとみえます。

3曲目、グルック:精霊の踊り(メロディ)
待ってました!!!!
何が聴きたいといって、この曲ほどユジャで聴きたかった曲はありません。
これまでどちらかというと、高音域の音はあまりブリリアントに響かせなかったユジャでしたが、ここで初めてクリスタルのような音を奏でました。

基本インテンポで弾く彼女ですが、少しルバートを多めにいれて、思い入れたっぷりに弾きます。
満足です。

鳴り止まぬ拍手に応えて、最後はモーツァルト/ヴォロドス編のトルコ行進曲。
しっとりしたまま終わるはずがない。
やはりこうきましたか。

今年にはいって、インゴルフ・ヴンダーで聴いたばかり。
爆裂するトルコ行進曲。
超絶技巧というところではユジャ・ワンに軍配でしょう。

ユジャ・ワン、デビューリサイタルは思ったとおり衝撃的でした。
今回日本ではたった3公演で、全席完売という情報でした。
次回来日はサントリーホールかもしれません。

ただ思ったのは、彼女はいつまでこの日の路線で進むのでしょうか。
いくら技巧が優れているといっても、それを見せつけるためのようなプログラムばかりだと、本当の音楽好きは離れていってしまうかもしれません。

単なるエンタテイナーとしてではなく、一流のアーティストとして大成するには、今後のレパートリーの広がりやプログラムの構成などにかかってくるのではないでしょうか。

聴衆は当然、またこの日のような超絶パーフォーマンスを期待してしまうことでしょうから、それを満足させつつ、芸術的にも高めていかねばならない。
クールな彼女なら、きっと両立させてくれると信じたいです。

ライブを聴いてみて、ただ指が回るだけの薄っぺらな才能ではないことは十分わかりましたので。

※サイン会は紀尾井ホールでは見たことがない、長蛇の列。タイミングによってはもらおうと思っていたのですが、諦めました。

※素顔をなんとか拝むことができました。
舞台では堂々として大きく見えますが、至近では顔も小さく、小柄なそこらの娘さんのように見えました。
とてもチャーミングです。

※今頃は名古屋で3公演目。来日して翌日から3連続公演。若いです。

« ユジャ・ワン ピアノリサイタル@紀尾井ホール その2 | トップページ | ユジャ・ワン リサイタル@紀尾井ホール その4 »

他のピアニストの記事」カテゴリの記事

コメント

薮田 豊さま:

お返事遅くなりました。
ヴォロドス編曲の間違いでした。
早速直しました。
ご指摘ありがとうございました。

ただヴォロドスの編曲をきちんと知っているわけでもありません。
どうもユジャ・ワンのアレンジもだいぶ入っていたような
ことがツィッターなどでは言われています。

ヴェルビエは本当に良かったですね。

今後もどうぞご贔屓に。

まいくま


ヴェルビエですっかりワンにはまってしまった1人です。なかなか鋭いポイントをついたコメントでいつも興味深く拝見してます。ところで、トルコ行進曲がボロディン編とありますが、小生のCDではヴォロドスの編曲になってます。ヴォロドスの間違いか、それともボロディンの編曲したものが別にあるのか、序のときで結構ですからご教示ください。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1169149/39126920

この記事へのトラックバック一覧です: ユジャ・ワン ピアノリサイタル@紀尾井ホール その3:

« ユジャ・ワン ピアノリサイタル@紀尾井ホール その2 | トップページ | ユジャ・ワン リサイタル@紀尾井ホール その4 »

twitter

2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ