最近のトラックバック

« 要チェックピアニストの追加 | トップページ | ヌーブルジェ ウェブ・ラジオ放送 »

2011年1月 9日 (日)

アリス=紗良・オット ピアノリサイタル@みなとみらいホール

今年最初のコンサート鑑賞は、ドイツと日本のハーフのオットでした。
ここのところグラモフォンから大々的に売り出している22歳の若手女流ピアニスト。ライブは今回が初めてでした。

【前半】
メンデルスゾーン:厳格な変奏曲 ニ短調 Op.53
ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ第21番 ハ長調 Op.53「ワルトシュタイン」

【後半】
ショパン:3つのワルツ Op.34「華麗なる円舞曲」
      1.変イ長調(ワルツ第2番)
      2.イ短調(ワルツ第3番)
      3.ヘ長調(ワルツ第4番)
ショパン:ワルツ第6番 変ニ長調「小犬」Op.64-1
ショパン:ワルツ第7番 嬰ハ短調 Op.64-2
ショパン:スケルツォ第2番 変ロ短調 Op.31

【アンコール】
リスト:ラ・カンパネラ
ベートーヴェン:エリーゼのために

リストの超絶技巧練習曲のCDなどを出しているので、さぞかし技巧派かと思っていたところ、そういう系統ではありませんでした。
軽くソフトなタッチで、どぎついフォルテを一切弾かない。
弱音の美しさを追求しているような感じでした。

ただ、細身で腕も華奢なせいか、迫力という点ではやや物足りなく、音に強い芯というものはありません。

なので、ワルトシュタインスケルツォあたりは、綺麗に弾けているのだけれど、圧倒感というものはない。らしくない、とは言えますが、逆にワルトシュタインの第3楽章などは、とても軽いタッチでデリケートであり、新鮮に感じました。

当然、ショパンの方がしっくりきていて、特に「小犬」はなかなか素敵でした。妙にこねくり回さないで、素直に弾いていたのが好印象。
「子猫」あたりは、テンポ遅いし強奏しないので、やや拍子ぬけ。ただし、これについてはブーニンの刷り込みが激しい私のせいかもしれません。

注目していたのが嬰ハ短調のワルツ
これはやや意外な解釈でした。いきなりフォルテで始まる。
中間部もかなり速いテンポでフォルテ。
下りアルペジオの旋律はいろいろと変化をつけていたものの、ペダルが少なくて乾いた感じに聞こえてました。

アンコールのラ・カンパネラで技巧発揮かというところですが、上手いけれど、切れ味を前面に出す演奏ではない。

エリーゼのためには、消え入るようなピアニシモが印象的。こういう路線-繊細を極めて感動につなげるような-が彼女には合っていそうです。

※なんと、裸足で演奏。ヴァイオリニストでパトリツィア・コパチンスカヤが裸足で弾いたのは観たことがありましたが、ピアニストでは初めてでした。

※メンデルスゾーンの時は残念ながら、半分落ちてしまっていました(-_-;)

※今日の聴衆はどうもいけませんでした。
終始ざわついていた。
ワルトシュタインの第1楽章が終わったところで、結構な拍手が起こってしまいました。
後半のOp.34のワルツの1曲目で拍手が起こると思えば、2曲目のイ短調の後は知らんぷり。
アンコールの途中ではとうとう携帯が鳴り出す。
それほど安いコンサートではなかったのに、どうしたものだか・・・

※みなとみらいの3階席はすっかりお気に入り。でもアリスの美貌はあまり拝めず。まあ、しかたない。

« 要チェックピアニストの追加 | トップページ | ヌーブルジェ ウェブ・ラジオ放送 »

他のピアニストの記事」カテゴリの記事

コメント

詳しくご説明いただき本当に有難うございます!
出来るだけ廉価でよい席 って永遠のテーマですよね。
私も試行錯誤続けてみますが、3F正面試してみます。
今、教えていただいたラジオ配信で大好きなイタリア協奏曲を聴いています。
重ねてお礼申し上げます ^ ^

さくらさま:

はじめまして、コメントありがとうございます(^o^)
お返事遅くなり申し訳ありませんでした。

アリス、同じ感想でらっしやいましたか。
ガツガツ弾く若手はいくらでもいるので、違う路線も
良いかもしれませんね(^^)

みなとみらいは、ピアノは良く響くホールだとは感じています。
2Fはあまり行った記憶がありません。
特に2F中央はほとんど3Fがかぶっているので、天井からの
反射音が届かないのではないかと先入観があって、
取らないようにしています。

3F正面席は最初値段の安さで行っていたのですが、音響的には
ほとんど問題なく、最近よく取っています。
遠いのでダイレクト感はないものの、音量は決して小さくはないし、
わりと均一感のある響き方をします。

場所はたぶん3Fのどこでもそれほど変わらない気がします。
結構後ろの方でもそこそこいけます。

3F最前列は手すりが邪魔になるので、2列目とか3列目
あたりが狙い目で、当然一番良いのは真ん中やや右、
ピアノの屋根の正面が良いと思います。

3Fだと、その位置でも手は見えます。

難点はステージから距離が遠いので、演奏者の表情など
はあまり読み取れないことくらいです。

よほどメジャーな人でないかぎり、当日でも余裕で取れる
のも良いです。

ということで、みなとみらいの3階正面はお薦めです。

3階脇はあまり記憶にないのですが、たぶん音は良いと
思われます。

たくさん行きたいので、ホールはできるだけ安くて良い席
を探しつつあります。
いつか、まとめたいと思います。

まいくまさん、初めまして。
くまちゃん大好きで (笑)、ご意見で結構同じ事を感じておりまして・・。
私も同リサイタルに行き、2F右側で聴いておりました。
そして、やはりこのリサイタルで一番好印象に残ったのが意外にもエリーゼでした (^ ^)
もし宜しければ、今度みなとみらいホールの3Fの音の聞こえ方をご教示いただけると嬉しく思います。
私はいまだ、このホールでのピアノ独奏の席選びに悩んでおりまして・・。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1169149/38406568

この記事へのトラックバック一覧です: アリス=紗良・オット ピアノリサイタル@みなとみらいホール:

« 要チェックピアニストの追加 | トップページ | ヌーブルジェ ウェブ・ラジオ放送 »

twitter

2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ