最近のトラックバック

« セルゲイ・エデルマン リサイタル@紀尾井ホール2 | トップページ | 2011年来日ピアニスト情報~ヌーブルジェがいない(;_;) »

2010年12月 9日 (木)

セルゲイ・エデルマン リサイタル@紀尾井ホール3

アンコール1曲目は、これも今年たくさん聴いた嬰ハ短調ワルツ
力の一切を抜ききった、鍵盤の上半分しか弾いていないのではと思うくらいの優しく、慈愛に満ちた音楽。ピュー・モッソの部分も、決して慌てず、絶妙のペダリングで何とも言えぬ寂寥感を味わえました。
素晴らしい。

2曲目は、何と英雄ポロネーズ
今日のエデルマンの調子からすると、ちょっとこの曲は怖かった。
幸い破綻なく弾いてくれました。
オクターブの行進の後の、歌うところがとても上手です。

三分の一くらい聴衆が帰りかけたところで、3曲目のノクターン
また先ほどのワルツのソフトさと全く違う透明感を出してきて、この人はどれくらいの音色を持っているのでしょうか。
しかし、この頃はまたピアノの調子が狂ってきてしまっていて、せっかくの美しい音楽の魅力が半減してしまいました。

長々と書いてしまったのは、それだけエデルマンの演奏が雄弁で、1曲ごとに感じることがたくさんあるからです。
実に密度の濃い音楽を、知情意のバランス見事に聴かせてくれる素晴らしいピアニストだと思います。

たまたまこの日はいろいろアクシデントが重なり、今ひとつスッキリしないコンサートになってしまったことは否めません。
近い将来、ぜひエデルマンにはこの雪辱を果たしてもらいたいです
必ず聴きにいきます。

※この日の聴衆は非常に集中が悪かったです。
終始ホールはガサガサざわつき気味。
後半のフィールドが始まったときなど、曲の半分くらいになってもざわめいてしまっていたし、途中、変なモーター音は鳴るし、最後の幻想ポロネーズのコーダのところで誰がが席を立ちしゃべりながらコツコツ靴音をたてるし、アンコールのワルツでデリカシーに浸っているときに、声をだして感想を言う人はいるし、英雄ポロネーズの提示部が終わったところで拍手は起こるし・・・
エデルマンも含めて、全部の雰囲気が変だったのでしょう。

※なんであんなにピアノの調子が狂ってしまったのでしょうか。
前半と後半で音の出方自体が違っていたので、休憩時間の調律にでも問題があったのでしょうか。

※コンサートの値段、安すぎましたかね。
ショパン三夜セットで1万円でしたからね。

« セルゲイ・エデルマン リサイタル@紀尾井ホール2 | トップページ | 2011年来日ピアニスト情報~ヌーブルジェがいない(;_;) »

他のピアニストの記事」カテゴリの記事

コメント

まとコメです。
やはり、皆さん驚きがあったようですね。

あすさま:

>調律はやはり休憩時にいじったのが問題あったのかもしれませんね。

いったい、何をしたのでしょうね。
あまりにもエデルマンが可愛そうです。

>でも、ちゃんと弾くのに正統派になりすぎず、個性的すぎず、演奏は本当に勉強になりました。

ものすごく細部まで練り上げられ、それでいて不自然さをみじんも感じない音楽性にあふれ、素晴らしい演奏解釈だったと思います。

>計り知れないっていうか大人は違いますねやっぱり。

生きの良い若手の演奏も魅力的ですし、円熟した大人の演奏もまた良い。
音楽ってすばらしいです。

ベルウッドさま:

>普通ならばあまり愉快ではない嫌な後味が残るのですが、不思議と何とも表現しにくい満足感がありました

ミスなど帳消しにして余りある実力を備えていたからですね。
次からは楽譜を見て演奏してもらえば、全く問題ないです。

yuさま:

あっ、さすがに曲の途中ではやめませんでした。スケルツォと、幻想ポロネーズの曲間で調律しました。
本当ならノクターンが終わったところで、一度インターバルを置いて、じっくりやって欲しかったです。
弾く方も聴く方も地獄です。あのずれずれ音では。

バルコニー席さま:

スケルツォの後に調律を呼んだのはピアノが不調なせいだったからです。

>変幻自在な音色と自信に満ちた構成で、超一流のピアニストと言うしかなくて

構成力、素晴らしかったですねえ。確信と必然性を持った構成。
そして、その説得力。
聴く方も居住まいを正し、すべてのメッセージを受け取らねば、という気になります。

教職期間が長く、演奏活動の勘がまだ完全に戻っていないのかもしれませんね。
上にも書いたように、楽譜見て弾いてもらえば解決することです。

ありがとうございます。少し謎がとけました。

音楽の流れが途切れることが何回かあり、ついにはスケルツォの後に調律の人を呼んだので、ピアノが不調なのかと思っていました。暗譜が飛んだとは思いませんでした。

でも、モーツァルトもスクリャービンも、もちろんショパンも、それぞれ変幻自在な音色と自信に満ちた構成で、超一流のピアニストと言うしかなくて・・・。途中で旋律が途切れようが、ミスタッチがあろうが、幸せな気持ちで家路につくことができました。

何故しばらく教職に専念していたのでしょうか?

確かに変なコンサートでした。

こんばんわ!
スケルツォ2番は曲間に演奏を止めて調律が入ったのですか!?
それだとしたらどの辺りで演奏やめたのか気になります・・

自分の感じたことと同じことを感じた方がいないかとググっていたらたどりついてしまいました。本当にいろいろなことがあったコンサートでしたね。こんなことは滅多にありません。普通ならばあまり愉快ではない嫌な後味が残るのですが、不思議と何とも表現しにくい満足感がありました。CDなどでの絵空事とは違う生身の体験なればこそだなあ…などと結構楽しんでしまいました。やはりピアニストとして確固たる内容あるからこそ、そうさせているのでしょうか。本当に複雑でひとには伝えにくい感想を持ちました。

はじめまして!
私もこんなに色々なことがあったコンサートは初めてだったので複雑で、
思わずコメントさせて頂きました。

恥ずかしながらエデルマン氏を存じ上げなかったのですが、その日はバッハのCDを買ってサインを頂きました^^

調律はやはり休憩時にいじったのが問題あったのかもしれませんね。
後半登場したときも、もっとじっくりやってくれたら良かったのにと思いました。
ショパンは本当にひやひやどきどきしましたが、後半のものと特にスケルツォは素晴らしかったですね。
本当に色々もったいなかった。。
でも、ちゃんと弾くのに正統派になりすぎず、個性的すぎず、演奏は本当に勉強になりました。
古典の演奏は、少しペダルが気になりましたが素晴らしかったです。
何気に弾いてましたがスクリャービンのCDがないのが残念でした。本当に素晴らしかった。

それにしても、すごいレパートリーですよね。
暗譜は残念でしたがアンコールで英雄とか、計り知れないっていうか大人は違いますねやっぱり。

ちなみに二夜目のヤンリシエツさんも素敵でした。
この日は調律は大丈夫でしたし^^;

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1169149/38019528

この記事へのトラックバック一覧です: セルゲイ・エデルマン リサイタル@紀尾井ホール3:

« セルゲイ・エデルマン リサイタル@紀尾井ホール2 | トップページ | 2011年来日ピアニスト情報~ヌーブルジェがいない(;_;) »

twitter

2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ