最近のトラックバック

« レコードアカデミー賞~メジューエワのノクターン集を聴く | トップページ | ナントのラ・フォル・ジュルネの情報がそろそろのはずだが・・・ »

2010年12月13日 (月)

ピエール=ロラン・エマール リサイタル@東京オペラシティコンサートホール

いつまでも拍手鳴り止まず。アンコール7たび
ポリーニも真っ青。
現代音楽ファンがこんなに濃いとは知りませんでした。

【前半】
バルトーク:4つの哀歌op.9aから  第4番
リスト:巡礼の年第3年 から 「エステ荘の糸杉に寄せて」
メシアン:鳥のカタログ から 「カオグロヒタキ」
リスト:巡礼の年第1年「スイス」から 「オーベルマンの谷」

【後半】
リスト:巡礼の年第3年 から 「エステ荘の噴水」
ラヴェル: 「鏡」
  「蛾」
  「悲しい鳥たち」
  「洋上の小舟」
  「道化師の朝の歌」
  「鐘の谷」

【アンコール】
クルターグ:ピアノのための遊び第7巻より
バートウィスル:HARRISON CLOCKS
ブーレーズ:12のノタシオンより第9~第12番
ベンジャミン:ピアノフィギアより 6,8,9,10番
メシアン:前奏曲集より 「軽快な数」
カーター:MATRIBUTE
シェーンベルク:6つのピアノ小曲op.19

後期ロマン派以降はそもそも苦手。
今日の聴衆はコアなファンの方が多かったようなので、拙いレヴューを書いたら恥なので、やめておきます。

こんなにたくさん現代音楽一度に聴いたのは初めて。
やや苦手なリストやラヴェルが、なんともわかり易く親しく思い出されてしまうという、前衛的なコンサートでした。

エマールのピアニズムは素晴らしい。
音に厚みがあり、 響き豊かで、透明だったり、神々しかったり、グロテスクだったり、きらびやかだったり、様々な音色をピアノから引き出す。

今日の収穫は、ラヴェルの「道化師の朝の歌」をとても好きになれたこと。

リストも今まであまり親しんでいなかった曲が、これから聴けそうな気がしてきたこと。

現代音楽は難しかったけれど、アンコールのクルタークの弱音にはゾクゾクし、意外とメロディアスにメシアンの前奏曲が聴けたり、最後のシェーンベルクは以前菊池洋子さんで聴いたことがあったこともあり、これだけ現代音楽が続く中ではクラシカルな響きに聞こえたりと、いろいろ発見がありました。

何事も体験ですね。

※ホールは五分程度の入り。こういうプログラムではしかたないです。
ル・ジュルナル・ド・パリに引き続き、響きまくりでした。

※聴衆の集中力は最高レベル。エデルマンの時とは全然違います。
エマールの要望で、拍手は前半最後と後半最後のみということになっており、もちろん、誰一人として勘違いする人はいませんでした。

※ラヴェルの最後の鐘が奏でられたとき、エマールがじっと静止している間、皆息をひそめて手が鍵盤から降りるのを待ちました。
ちょっと感動ものでした。

« レコードアカデミー賞~メジューエワのノクターン集を聴く | トップページ | ナントのラ・フォル・ジュルネの情報がそろそろのはずだが・・・ »

他のピアニストの記事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1169149/38071055

この記事へのトラックバック一覧です: ピエール=ロラン・エマール リサイタル@東京オペラシティコンサートホール:

« レコードアカデミー賞~メジューエワのノクターン集を聴く | トップページ | ナントのラ・フォル・ジュルネの情報がそろそろのはずだが・・・ »

twitter

2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ