最近のトラックバック

« マズルカ疑似体験 | トップページ | 呪縛のmy定番演奏 »

2010年11月11日 (木)

デジュー ・ラーンキ リサイタル@すみだトリフォニーホール

アンドラーシュ・シフゾルタン・コチシュとともに、かつてハンガリー若手3羽がらすと言われていたラーンキ。
そのラーンキも白髪の紳士に。
円熟したところでどんな音楽が聴けるか楽しみでした。

【プログラム】
ハイドン:ピアノ・ソナタ 変ホ長調 Hob.XVI-52
リスト:トッカータ S.197a、メフィスト・ポルカ S.217、
     即興曲 S.191、聖ドロテア S.187
ラヴェル:ソナチネ
リスト:ピアノ・ソナタ ロ短調 S.178

【アンコール】
リスト:ピアノのための小品 S.193
ドビュッシー:子供の領分から『グラドゥス・アド・パルナッスム博士』

息の長いフレージングは聴き手に安心感を与えるもの、とピアノのレッスンで仕込まれていますが、それが難しい。
自分で弾くときはなかなか自分の音楽を客観的に聴けないのですね。

今日のラーンキはまさにそういうフレージングと、端正なリズム感を備えており、聴いていてしっとり身を委ねられる音楽を奏でていました。
柔らかくて繊細な音と美しいピアニシモ。
鍵盤を叩きつけるきたないフォルテは絶対に弾かない。

ショパンコンクールに出た生きの良い若者たちのような、びっくするような煌めく技巧や、これ見よがしの大音量はありません。
大人の音楽というのでしょうか。

特に前半のラヴェルまでは、曲自体も仰々しいものがなかったので、ラーンキの美点が発揮されていました。
ハイドンはペダルが多目だったのが意外でしたが、流麗ながらメリハリもあった。

リストは初めて聴く曲ばかりでしたが、案外わかりやすい。
即興曲は、ショパンのノクターンを思わせ、聖ドロテアは次のラヴェルに繋がる。
高音部の軽やかで繊細なタッチが素敵。

ソチチネも華麗で、ディナーミクの変化がとてもわかりやすかった。

後半のロ短調ソナタ
無から始まり無で終わるとラーンキ自身の解説にあったとおり。特にまさに虚無へ堕ちていくような終わり方はしびれました。
フォルテシモでデモーニッシュに響かせる部分は、やや弱かったように感じます。フォルテシモはあまり得意でなさそうです。
ピアノ、ピアニシモで歌う部分が素晴らしい。

曲の後半、スタッカートで主題が駆け回るところからの集中と盛上げは圧巻でひきこまれました。
あまり関連づけるのもどうかと思いますが、あのリズム感は同じハンガリー人の血なのかなとも思えます。

アンコールは例にもれず、リラックスした余裕を感じ、特にコミカルなドビュッシーは演出効果も抜群で、一番拍手が多かったかもしれません。

すみだトリフォニーホールの3階席は、それほどステージから遠くなく、音も良い。4,000円で得した気分です。ちなみにS席でも5,000円
だのに、3階はガラガラ。
全体でも6~7分の入りといったところ。

こんなに良いコンサートのに、もったいない、もったいない。

« マズルカ疑似体験 | トップページ | 呪縛のmy定番演奏 »

他のピアニストの記事」カテゴリの記事

コメント

こっこさん:

新しいレビューが書けないもので、すみません。

ラーンキすばらしかったですねぇ。
モーツァルトの様式感をあそこまで徹底的に
磨きあげた演奏は、そうそうお目にかかれない
と思います。

聴きにいって本当に良かったです。

みなとみらいの演奏…後になってみると、次の日も3楽章が耳から離れず、うなされ?ました…。やっぱりモーツァルトはすごいですね。いやラーンキがすごいのか~。一生あんな音は出せないと思いました(__)

こっこさま:

お返事遅くなりました。

かつてのハンガリー三羽がらすの貴公子も歳を重ね、円熟味を増してきたようですね。
モーツァルトは得意ですから、コンサート楽しみですね(^_^)

デジュー・ラーンキさんのことを知ったのは、まいくまさんのレビューからでした。ロ短調を聴いてみたいですね…。
来月聴く演奏にも期待してしまいます。

Melodyさま:

いらっしゃいませ(^o^)
ハイドンは、実は一番好きでした。
最初の拍手のときブラボー叫びたかったくらいです。

アンコール私の勘違いのようですね。
近現代弱いものでお恥ずかしい。
ご指摘ありがとうございましたm(_ _)m

※確認取れたので直しました

はじめまして。昨日は、とても良かったですね。
ハイドンがあんなにはつらつとした曲だとは、知りませんでした。
アンコールなんですが、ドビュッシーは子供の領分の
第1曲『グラドゥス・アド・パルナッスム博士』だと思いますが、
いかがでしょうか?ホールの方も「子供の領分」とだけしか
分からないっておっしゃっていましたが…。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1169149/37628281

この記事へのトラックバック一覧です: デジュー ・ラーンキ リサイタル@すみだトリフォニーホール:

« マズルカ疑似体験 | トップページ | 呪縛のmy定番演奏 »

twitter

2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ