最近のトラックバック

« 読売新聞のショパンコンクール評につっこむ | トップページ | 『我が偏愛のピアニスト』(青柳いづみこ:中央公論社) »

2010年11月 5日 (金)

『ピアノの森』はどこへ行く~~

一色まことのコミック『ピアノの森』の連載が遅々として進みません。
ショパンコンクールセミファイナルで足踏み。

てっきり、今年の本物のショパンコンクールの開催に合わせて話しを盛り上げてくるのかと思ったら、連載ペースは落ちるわ、話の進み具合は遅いわで、前の話を忘れてしまいます。

そうこうしているうちに、本物のショパンコンクールが始まってしまい、そして優勝者も決まってしまいました。
「事実は小説より奇なり」というくらいで、実際のコンクールが実にドラマに溢れていたので、コミックのネタは困るのではないでしょうか。

相当な想像力を働かせなければならないでしょう。

一色さんには、コンクールの熱がさめやらぬうちに、話を完結させていただきたいものです。

それより、今回のショパンコンクールのドキュメンタリーを作ったら、それはそれで相当面白そうです。

« 読売新聞のショパンコンクール評につっこむ | トップページ | 『我が偏愛のピアニスト』(青柳いづみこ:中央公論社) »

随想」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『ピアノの森』はどこへ行く~~:

« 読売新聞のショパンコンクール評につっこむ | トップページ | 『我が偏愛のピアニスト』(青柳いづみこ:中央公論社) »

twitter

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ