最近のトラックバック

« ティル・フェルナー リサイタル@トッパンホール | トップページ | 何と言われようが素敵だった演奏@ショパンコンクール »

2010年10月25日 (月)

ショパンコンクール審査結果公表

公式新聞の見出しに「A NEW STAR?」とまで書かれたショパンコンクールの審査結果。
今日、その採点結果が公表されました。
採点からみると、確かにアヴデーエワの圧勝です。

じっと眺めていると、いろいろなことが見えてくる気がします。

Yes/No審査が重要、とルールに書いてあったと思うので、Yesの多い順、そして点数の多い順に並べてみました。

(Yesの人数、生徒、欠、平均点)

【1次予選で10人以上からYesをもらえた人:18人

Ms Yulianna Avdeeva Russia      12 0 0 92,17
Mr Miroslav Kultyshev Russia      12 0 0 88,08
Mr Denis Zhdanov Ukraine        12 0 0 86,50
Mr Marcin Koziak Poland         12 0 0 83,92
Mr Nikolay Khozyainov Russia      11 0 0 93,58
Mr Evgeni Bozhanov Bulgaria      11 0 0 90,25
Mr Lukas Geniu?as Russia/Lithuania 11 0 0 87,17
Mr Ingolf Wunder Austria         11 1 0 85,36
Mr Daniil Trifonov Russia          11 0 0 84,25
Mr Francois Dumont  France      11 0 0 82,00
Ms Leonora Armellini Italy          11 0 0 81,92
Mr Andrew Tyson USA         11 0 0 80,75
Ms Claire Huangci USA         10 0 0 81,83
Mr Jayson Gillham Australia      10 0 0 81,08
Ms Anna Fedorova Ukraine      10 0 0 80,58
Mr Ilya Rashkovskiy Russia        10 0 0 79,17
Mr Da Sol Kim Republic of Korea   10 0 0 78,83
Mr Hyung-Min Suh Republic of Korea 10 0 0 79,58

アブデーエワがダントツ。
クルティシェフも完璧でした。
ハジャイノフは最高点。これは納得。
コジャクが高評価で、ヴァカレッチはいない。
あの美しいノクターンを弾いたトリフォノフは中位。
アルメリーニも圏内にいる。
キム・ダソルがそれほどでもない。意外。

【2次予選で8人以上からYesをもらえた人:13人】

Ms Yulianna Avdeeva Russia       12 0 0 93,5
Mr Evgeni Bozhanov Bulgaria       12 0 0 92,50
Mr Miroslav Kultyshev Russia       12 0 0 85,42
Mr Lukas Geniu?as Russia/Lithuania 11 0 0 93,0
Mr Ingolf Wunder Austria         11 1 0 89,73
Mr Daniil Trifonov Russia          11 0 0 87,58
Mr Nikolay Khozyainov Russia     11 0 0 83,42
Ms Leonora Armellini Italy         10 0 0 80,00
Ms Claire Huangci USA          9 0 1 80,82
Mr Yury Shadrin Russia           9 0 0 79,08
Mr Pawe? Wakarecy Poland        8 1 0 80,73
Mr Andrew Tyson USA          8 0 0 77,00
Mr Mei-Ting Sun USA           8 0 0 76,42

アブデーエワがボジャノフを抑えて1位。
どちらも濃い。
クルティシェフはまだ調子が良かった。
ゲニューシャス、ヴンダー、トリフォノフが中位維持。
ハジャイノフは調子が悪く、落ちている。
アルメリーニは良かったので10位以内に入っている。
コジャクがおらず、ポロネーズが良かったヴァカレッチが登場。
シャドリンが案外良い。
アメリカのタイソン、スンがいる。

【3次予選の全結果:19人】
Ms Yulianna Avdeeva Russia        12 0 0 94,33
Mr Evgeni Bozhanov Bulgaria        12 0 0 93,17
Mr Lukas Geniu?as Russia/Lithuania  12 0 0 92,83
Mr Daniil Trifonov Russia           10 0 0 87,92
Mr Ingolf Wunder Austria           10 1 0 89,18
Mr Nikolay Khozyainov Russia       8 0 0 77,75
Mr Miroslav Kultyshev Russia       8 0 0 77,33
Mr Francois Dumont  France      7 0 0 80,92
Mr Pawe? Wakarecy Poland       7 1 0 77,55
Ms Helene Tysman France        6 0 0 77,33

Mr Marcin Koziak Poland         5 0 0 75,67
Mr Andrew Tyson USA         5 0 0 74,00
Ms Leonora Armellini Italy        5 0 0 74,75
Ms Irene Veneziano Italy         4 0 0 73,67
Mr Jayson Gillham Australia       3 0 0 71,42
Ms Claire Huangci USA         2 0 0 72,00
Ms Fei- Fei Dong China         2 0 0 68,42
Mr Mei-Ting Sun USA          2 0 0 70,83
Ms Wai-Ching Rachel Cheung China 0 0 0 66,42
Mr Yury Shadrin Russia         0 0 12 1,00

アブデーエワvsボジャノフの様相になっている。
ゲニューシャス、トリフォノフ、ヴンダーは安定。
ハジャイノフは盛り返せず。
クルティシェフは徐々に調子を落とす。
デュモンとティスマンのフランス勢が浮上。
コジャク、アルメリーニはわずかに及ばず。

【ファイナル】

                             平均点
Ms Yulianna Avdeeva Russia       1,47
Mr Ingolf Wunder Austria            2,48
Mr Lukas Geniu?as Russia/Lithuania  2,50
Mr Daniil Trifonov Russia             3,48
Mr Evgeni Bozhanov Bulgaria        3,92
Mr Francois Dumont  France       5,17
Mr Miroslav Kultyshev Russia       6,38
Mr Nikolay Khozyainov Russia        6,50
Mr Pawe? Wakarecy Poland       6,58
Ms Helene Tysman France         9,00

アヴデーエワ堂々とした演奏で逃げ切り。
ヴンダー、コンチェルトは最高の出来。
ゲニューシャスは終始技術が安定。
トリフォノフも大崩れしなかった。
ボジャノフはコンチェルト大失敗。
デュモンもファイナルはまずまず。
クルティシェフは調子戻らず。
ハジャイノフは未熟さが露呈。
ヴァカレッチは地味すぎた。
ティスマンは技術的にきつかった。

結局、1次からファイナルまで、安定して「しっかり弾けた」人が上位を占めたようです。

« ティル・フェルナー リサイタル@トッパンホール | トップページ | 何と言われようが素敵だった演奏@ショパンコンクール »

コンクール」カテゴリの記事

コメント

ポゴさま:

お気持ち察します。

才能も音楽性も、まずはしっかりとした技術の土台がなければダメ。
それが今回の審査結果なのだと思っています。

本来、優勝してしかるべきだった数名のパーフォーマンスが安定しなかった。
それがこの波紋を呼んだ原因でしょう。

丁寧に並べていただいて、ありがとうございます。本当に、色々なものが見えてきますね。1番大きいのは、審査員たちの嗜好がハッキリとみえてきます。

審査員のメンバーがごっそり変われば、ボジャノフのような演奏には、イエスがまったく付かない場合もあり得ます。

私的には、ダソルキムの一次は、もっと上だと思っていました。

ダソルキムがあの演奏でこの順位になる審査ならば、、、日本人は今回は、誰が出ても二次以降には進めなかったと思います。

個人的意見ですが、、、今回の審査員団の嗜好は、大嫌い!です(−_−#)

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ショパンコンクール審査結果公表:

« ティル・フェルナー リサイタル@トッパンホール | トップページ | 何と言われようが素敵だった演奏@ショパンコンクール »

twitter

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ