最近のトラックバック

« ショパンコンクール ファイナル 1日目 トリフォノフ | トップページ | ショパンコンクール ファイナル 1日目 ボジャノフ »

2010年10月19日 (火)

ショパンコンクール ファイナル 1日目 ヴァカレッチ

地元の期待を背負ったヴァカレッチ。
ポロネーズやマズルカが上手だったのが印象に残っています。

パヴァウ・ヴァカレッチ(ポーランド)

ピアノ協奏曲 第2番

第1楽章
 すっと入る
 太めの音
 あまり抑揚がなく、地味
 展開部、指が浮いている感じ
 
第2楽章
 スローテンポ
 やや散漫な感じ
 音楽がとぎれてしまった
 
第3楽章
 リズム感を期待したが生かし切れていない
 乗る感じがない
 音にきらめきがない
 ミスも多い

2番で良かったのでしょうか。
あまり合っていなかった。
精彩を欠いていたように思います。

入賞は難しいかも。

« ショパンコンクール ファイナル 1日目 トリフォノフ | トップページ | ショパンコンクール ファイナル 1日目 ボジャノフ »

コンクール」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ショパンコンクール ファイナル 1日目 ヴァカレッチ:

« ショパンコンクール ファイナル 1日目 トリフォノフ | トップページ | ショパンコンクール ファイナル 1日目 ボジャノフ »

twitter

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ