最近のトラックバック

« ショパンコンクール ファイナル 1日目 ヴァカレッチ | トップページ | ショパンコンクール特別賞予想 »

2010年10月19日 (火)

ショパンコンクール ファイナル 1日目 ボジャノフ

3次予選では聴衆の大絶賛を浴びたボジャノフ。
コンチェルトはどうでしょうか。

エフゲニー・ボジャノフ(ブルガリア)

ピアノ協奏曲 第1番

第1楽章
 強靱なタッチで大きな音
 テクニックは抜群
 濃い味付け
 テンポ感などはオーソドックスではある
 展開部やや重くバタバタ
 ミスあり
 最後クネクネ度を増した
 

第2楽章
 音楽が強くなりすぎている
 繊細な甘さがない
 
第3楽章
 軽快感にやや乏しい
 ミスあり
 後半ノリが出てきたが、
 コーダ前で大事故
 コーダはバタバタ

技術はあるし、自己主張が強い。
しかし、いかんせん主張が強すぎてナチュラル感には乏しい。
かっちり弾きすぎて、ショパンの繊細さはない。
最後崩れたのがどう響くか。

入賞はあっても優勝は難しいでしょう。

明日のホジャイノフに、がぜん期待をしてしまいます。

« ショパンコンクール ファイナル 1日目 ヴァカレッチ | トップページ | ショパンコンクール特別賞予想 »

コンクール」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ショパンコンクール ファイナル 1日目 ボジャノフ:

« ショパンコンクール ファイナル 1日目 ヴァカレッチ | トップページ | ショパンコンクール特別賞予想 »

twitter

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ