最近のトラックバック

« ショパンコンクール 3次予選 2日目 メイティン・スン、アヴデーエワ | トップページ | ショパンコンクール 3次予選 3日目 前半 ゲニーシャス デュモン  »

2010年10月16日 (土)

ショパンコンクール 3次予選アーカイヴから ボジャノフ

ライヴで観られなかった人をアーカイヴビデオを観てみます。

エフゲニー・ボジャノフ(ブルガリア、1984年生)

すべての曲が計算しつくされ、作り込まれている印象を受けます。
丁寧で、すでにプロのコンサートを聴いているような安定感があります。

ところどころに独特のアーティキュレーションや節回しがるものの、音楽の流れを壊すことはなく、個性の範疇だと思います。
好き嫌いはあるかもしれません。

幻想ポロネーズ 凝りに凝っている。
ソナタの第4楽章は圧巻。
マズルカ 独善一歩手前の変幻自在さ
ワルツ メリハリあるリズムとディナーミクの変化

mp3音源で音だけ聴くと、かなり恣意性を感じるのですが、動画で観ると十分説得力があるので不思議です。
観客が熱狂してスタンディングオベーションしたというのもわかります。

3次は難なく通過でしょう。  ○

« ショパンコンクール 3次予選 2日目 メイティン・スン、アヴデーエワ | トップページ | ショパンコンクール 3次予選 3日目 前半 ゲニーシャス デュモン  »

コンクール」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ショパンコンクール 3次予選アーカイヴから ボジャノフ:

« ショパンコンクール 3次予選 2日目 メイティン・スン、アヴデーエワ | トップページ | ショパンコンクール 3次予選 3日目 前半 ゲニーシャス デュモン  »

twitter

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ