最近のトラックバック

« ショパン・コンクール1次予選 面白すぎて困った | トップページ | 結局もう4人聴いてしまった~ショパンコンクール »

2010年10月 3日 (日)

ヌーブルジェとショパン・コンクール・コンテスタントの聴き比べ

昨日、クラシカジャパンの10月のヌーブルジェ放送予定の記事を書いて、今日、ショパンコンクールの記事を書いて、さっきハタと気がつきました。

これは同時聴き比べができるではないか!

ヌーブルジェはまだ23歳(今年12月で24歳)
ショパン・コンクールに出場していても、全然おかしくない年齢です。

クラシカジャパンで放映されるのは、今年のナントのラ・フォル・ジュルネから、

ノクターン Op.9-2
スケルツォ 第1番
エチュード Op.10 全曲

です。
ノクターンはともかく、スケルツォとエチュードは、ショパン・コンクールの1次予選の課題と、ピッタリかぶるではないですか

ヌーブルジェもコンクールで弾いているのをイメージして聴いてみたら、これは面白い。

クラシカ・ジャパンもそんなことを想定してヌーブルジェの映像をこの時期にぶつけてきたとしたら、なかなかやりますなぁ。

テレビをあまり見ず、BSもめんどうだし、CATVも活用していないのですが、今度ばかりはクラシカジャパンを申し込んでしまいました。
料金を勘違いしていて、月2,100円ですみそうなので、ホットしていますが。

さて、あと20分ほどでショパン・コンクール・ライブが再開です。
動画は未だに見られないものの、音だけ、というのもかえって集中できて良いかもしれません。

« ショパン・コンクール1次予選 面白すぎて困った | トップページ | 結局もう4人聴いてしまった~ショパンコンクール »

コンクール」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

« ショパン・コンクール1次予選 面白すぎて困った | トップページ | 結局もう4人聴いてしまった~ショパンコンクール »

twitter

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ