最近のトラックバック

« ショパンコンクール ファイナル 3日目 ティスマン | トップページ | ショパンコンクール ファイナル予想 »

2010年10月21日 (木)

ショパンコンクール ファイナル 3日目 デュモン

いよいよ最終奏者です。
デュモン、ピアノをファツィオリからスタンウェイに変えてきました。
吉とでるかどうか。

フランソワ・デュモン(フランス)

ピアノ協奏曲第1番

第1楽章
 冒頭、堂々とした和音
 スローテンポで叙情的
 音楽は自然だが、ノリがあまり良くない
 展開部では少し活気が出た
 小さなミスが多い
 やや歌いすぎか
 推進力が弱い
 
第2楽章
 甘美な歌
 センスが良く嫌みがない
 ラスト美しい
 口当たりが良すぎる感も

第3楽章
 リズムが少し重い
 音はとても美しい
 きたない音を決して出さない
 完成度高い

第1楽章はあまり調子が良くない感じでした。
第2楽章から持ち味が出てきたように思います。
甘めながら、洗練されていて練れた演奏でした。
ですが、もう少しぐいぐいとオケを引っ張るようなノリは欲しかった気がします。

長かったコンクールも終わり、フィナーレはこちらの思い入れもあって、はかない音楽に聞こえてしまいました。

« ショパンコンクール ファイナル 3日目 ティスマン | トップページ | ショパンコンクール ファイナル予想 »

コンクール」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ショパンコンクール ファイナル 3日目 デュモン:

« ショパンコンクール ファイナル 3日目 ティスマン | トップページ | ショパンコンクール ファイナル予想 »

twitter

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ