最近のトラックバック

« ショパンコンクール 3次予選 1日目前半 ギルハム、アルメリーニ | トップページ | ショパンコンクール3次予選 2日目 前半 ヴェネツィアーノ、ホジャイノフ »

2010年10月15日 (金)

ショパンコンクール3次予選 1日目 後半 トン・フェイ・フェイ

3次予選は案外接戦になるような気がしてきています。
1日目後半のトップは日本、韓国が全滅するなか、2人通過した中国人のうちの1人フェイ・フェイから

トン・フェイ・フェイ(中国、1990年)

中国のコンテスタントはいずれもが超絶技巧の持ち主。
ブリリアントで切れ味鋭い音を出します。
どういうトレーニングをしているのか知りたいくらいです。
荒削りすぎて、落ちてしまった人もいますが、フェイ・フェイは純な感じがあって、将来性を感じさせます。

幻想ポロネーズ  
 ショパンの晩年の曲の境地を20歳の初な感じの女性が表現するのは、なかなか難しいようです。きれいで透明感のある音楽ではあります。抜いた終わり方にびっくりしました。

ソナタ3番
 何人かのコンテスタントが息切れしてしまう大曲。フェイフェイを大汗をかきながらの熱演でした。深みは足りないかもしれませんが、元気いっぱいのソナタ。
 あれだけの技術の持ち主でも、コーダは崩れてしまいました。

最後の崩れがなかったら、通過ラインだったような気がしますが、微妙です。△

さすがに疲れてきて、この日はここまで。このあとフアンチ、ヴァカレシー、ボジャノフと実力者がどんどんでてきます。1日目から相当レベルが高いです。

« ショパンコンクール 3次予選 1日目前半 ギルハム、アルメリーニ | トップページ | ショパンコンクール3次予選 2日目 前半 ヴェネツィアーノ、ホジャイノフ »

コンクール」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

« ショパンコンクール 3次予選 1日目前半 ギルハム、アルメリーニ | トップページ | ショパンコンクール3次予選 2日目 前半 ヴェネツィアーノ、ホジャイノフ »

twitter

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ