最近のトラックバック

« ショパンコンクール 予選で散ったMIP | トップページ | ショパンコンクール ファイナル 1日目 トリフォノフ »

2010年10月19日 (火)

ショパンコンクール ファイナル 1日目 クルティシェフ

どこまでいけるかわかりませんが、ライヴに挑戦

実力派のクルティシェフ。
チャイコフスキーコンクール1位なし2位を超えられるでしょうか。

ミロスラフ・クルティシェフ(ロシア)

ピアノ協奏曲 第1番

第1楽章
 爽やかでオーソドックス
 相当緊張しているようで、少し堅さがある
 ミスタッチ少し
 スムーズすぎて、劇的展開にやや欠けるきらい

第2楽章
 柔らかさが出てきたが、速めであっさり
 
第3楽章
 猛スピードの出だし
 はねる感じが不足
 線が細い

うーん、とても上手なのですが、インパクトがありません。
録音のせいなのかどうか、音の伸びやかさも今ひとつ。
全体的にテンポが速すぎたかもしれません。
オーケストラとは良くあっていました。

後のコンテスタントがどうかにもよるとはいえ、ちょっとこれでは優勝はないかもしれません

« ショパンコンクール 予選で散ったMIP | トップページ | ショパンコンクール ファイナル 1日目 トリフォノフ »

コンクール」カテゴリの記事

コメント

marcin koziakのファンになった さま:

深夜お疲れさまです(お互い)

クルティシェフは100%の力が出せなかった感じですね。
相当緊張していたように思えました。
それが演奏に出てしまったよう。

やはりショパンコンクールの重圧はすごいのですね。

トリフォノフは本領発揮していました。
ただ、相当癖があるので、審査員がどう判断を下すでしょうか。

Miroslav Kultyshev は確かにオーソドックスでインパクトに欠けるかもしれませんね...
ただ,とても上手で聴いていて心地よかったので私は好きです.


その後の Daniil Trifonov, FAZIOLI で出すあの音は美しかった!
第3楽章はちょっと爆走気味だったと思いますが,第1,2楽章の演奏はとても美しく素晴らしかったです.

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ショパンコンクール ファイナル 1日目 クルティシェフ:

« ショパンコンクール 予選で散ったMIP | トップページ | ショパンコンクール ファイナル 1日目 トリフォノフ »

twitter

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ