最近のトラックバック

« ショパンコンクール1次予選後半その1 | トップページ | ショパンコンクール1次予選4日目 »

2010年10月 6日 (水)

優勝候補登場か?~ニコライ・ホジャイノフ@ショパン・コンクール1次予選

10月5日後半のショパンコンクール1次予選の中から素晴らしい演奏をするコンテスタントが頻出したようです。

まず私が聴けた中でびっくりしたのが

・ユーリ・シャドリン(ロシア、1980年生)

30歳と前回までなら出られない年齢。マイ椅子で登場。
コンクール向きの演奏ではないのかもしれません。
しかし、その音楽はたいへん暖かく、しんみりとして、心に響きました。
舟歌では思わず涙がこぼれてしまいました。
ショパンコンクールで上位入賞できるかどうかはわかりませんが、もしリサイタルをやるとしたら是非聴きたいと思わせる人でした。

次に聴けなかった中で

・イレーネ・ヴェネツィアーノ(イタリア、1985年生)

なかなか素敵な演奏だったようです

・ニコライ・ホジャイノフ(ロシア、1992年生)

どうやら今回のショパン・コンクールの優勝候補にふさわしいコンテスタントが登場したようです。
ロシアの18歳で、注目していましたが予想以上の反響だったようです。
深夜だったので生中継は見逃しましたが、さっそくyoutubeにアップされていたので聴けました。

音質はだいぶ劣化していますが雰囲気はある程度伝わってきます。
18歳と思えない落ち着き。余裕があり安定した技術。気品と繊細さと豪快さ。
正統的な音楽の作り。
聴衆も熱狂しています。
たぶん、ライブの良い音質・画質だったらさらに素晴らしく観られたことでしょう。

« ショパンコンクール1次予選後半その1 | トップページ | ショパンコンクール1次予選4日目 »

コンクール」カテゴリの記事

コメント

音羽♪ さま:

このリンクは切れてしまってますね。
彼のノクターンは、もうずっと頭の中で鳴り通しです。

>いつか私もあの舞台に立ちたいなぁ(●^o^●)

ぜひ頑張ってください!

私もニコライの演奏大好きです♪
いつか私もあの舞台に立ちたいなぁ(●^o^●)

Angelinaさま:

さすがに連日ハードです(-_-;)
今日は仕事持ち帰りで、前後半のインターバルにガツガツやらねば・・・

1次予選もあと6人残すのみで、早くも優勝者が数名にしぼれてしまった感があります。

あとはマズルカ、ソナタ、幻想ポロネーズで確かめれば、ファイナルはお披露目コンサートでしょう。

コンクールの1次予選って、こんなにも耳を肥えさせてもらえるものとは知りませんでした。

こんばんは!実況ありがとうございます!!
実は私、全くと言っていいほど、ライブを聴けていません(泣)。深夜からなので、やはり体力的に無理でして・・・。

なので、まいくまさん情報はとても貴重です。ありがとうございます☆
ロシアから出ましたかぁ、優勝候補。先日の記事で「どんな演奏だったのだろう?」と気になっていたので、動画の紹介、非常に嬉しいです!重ね重ねありがとうございます。

それにしても才能溢れる方が沢山いるものですねぇ・・・。改めて驚きです。

これから出てくる方々も楽しみですねっ。ではでは~。

私もシャドリンの演奏に感動しました。まったく同じ感想、このピアニストの演奏会ならば行ってみたいと、もっと聴きたいと…彼はもうプロの演奏家ですね。

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

« ショパンコンクール1次予選後半その1 | トップページ | ショパンコンクール1次予選4日目 »

twitter

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ