最近のトラックバック

« ショパンコンクール ファイナル 1日目 クルティシェフ | トップページ | ショパンコンクール ファイナル 1日目 ヴァカレッチ »

2010年10月19日 (火)

ショパンコンクール ファイナル 1日目 トリフォノフ

2番手も優勝候補トリフォノフ
クルティシェフとまったくタイプが違うので楽しみ。

ダニイル・トリフォノフ(ロシア)

ピアノ協奏曲 第1番

第1楽章
 出だし速いが、その後落ち着いたテンポ
 ため息をさそう美しい音
 語りかけるような音楽
 緩急がはっきりしている
 中間部後半激走
 テンポを頻繁に変えるのはやや気になる
 最後も激走 この人の癖
 
第2楽章
 スローなテンポ
 しっとり歌う
 透明感のある甘さ
 水滴の部分 すばらしい
 ラストの落ち着きよかった
 
第3楽章
 出だしよく跳ねている
 中間部すぎ、走る
 テンポの伸縮が著しい
 オケ合わせるのが大変そう
 ラストまた爆走

オーソドックスであっさりだったクルティシェフとは正反対の自由奔放な演奏でした。
音と音楽の魅力はトリフォノフの方が素晴らしい。
ファツィオリから素晴らしい音を引き出していた。
ただ、自由すぎて、テンポが変化したり、盛り上がりすぎて激走してしまうところをどう評価されるでしょうか。

今のところ暫定1位だと思います。

« ショパンコンクール ファイナル 1日目 クルティシェフ | トップページ | ショパンコンクール ファイナル 1日目 ヴァカレッチ »

コンクール」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ショパンコンクール ファイナル 1日目 トリフォノフ:

« ショパンコンクール ファイナル 1日目 クルティシェフ | トップページ | ショパンコンクール ファイナル 1日目 ヴァカレッチ »

twitter

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ