最近のトラックバック

« 驚愕!!ルイス・フェルナンド・ペレス~ル・ジュルナル・ド・パリ3日目速報 | トップページ | ル・ジュルナル・ド・パリNo.6@オペラシティ・コンサートホール »

2010年9月20日 (月)

ル・ジュルナル・ド・パリNo.5@オペラシティ・コンサートホール

2010.9.19(日)ル・ジュルナル・ド・パリの3日目

【第5公演】

フォーレ:4手のための「ドリー」Op.56(児玉桃/C-M.ルゲ)
ショーソン:風景 Op.38(C-M.ルゲ)
ドビュッシー:版画(児玉桃)
ラヴェル:弦楽四重奏曲 ヘ長調(モディリアーニ弦楽四重奏団)

易しそうな「ドリー」でスタート。これくらいなら弾けるかしらん?ルゲの高音部がとてもクリスタルな響きだったのが印象的。

ショーソンは寂しげな短い曲。誰も終わったことに気がつかず(^^;)

版画は落ちてしまいました。児玉さんごめんなさい。

ラヴェルの室内楽など初めてでしたが良かった。
小さなオーケストラを聴いているよう。
ラヴェルの管弦楽技法のエッセンスがびっしり詰まっているのでしょう。

今日は聴衆の入りが悪い。
5割くらいといったところでしょうか。
そのせいか、オペラシティ・コンサートホールがとても良く響きます

モディリアーニ弦楽四重奏団は、よくヌーブルジェと共演する楽団です。なんだか親しみがわきます。

※さすがにフランス近代音楽だけでは、日本では客を呼べないようです。さすがのマルタン氏も少し誤算か。

« 驚愕!!ルイス・フェルナンド・ペレス~ル・ジュルナル・ド・パリ3日目速報 | トップページ | ル・ジュルナル・ド・パリNo.6@オペラシティ・コンサートホール »

他のピアニストの記事」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ル・ジュルナル・ド・パリNo.5@オペラシティ・コンサートホール:

« 驚愕!!ルイス・フェルナンド・ペレス~ル・ジュルナル・ド・パリ3日目速報 | トップページ | ル・ジュルナル・ド・パリNo.6@オペラシティ・コンサートホール »

twitter

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ