最近のトラックバック

« ル・ジュルナル・ド・パリNo.8@オペラシティ・コンサートホール | トップページ | ル・ジュルナル・ド・パリNo.9@オペラシティ・コンサートホール »

2010年9月20日 (月)

フランス音楽でお腹一杯~ル・ジュルナル・ド・パリ4日目速報

ル・ジュルナル・ド・パリの最終日。
今日も4公演全部聴いてきました。

ドビュッシーがメインでした。

今日はとにかくアンヌ・ケフェレックがキレキレ
技術も表現も申し分なしでした。
昨日はクールがどうのこうのと言ってしまいましたが、いやいやお見事。
超一流のピアニストは、とにかく惹き寄せる力が違います。

クレール=マル・ルゲも大活躍で、かっちり決めてきますし、ジャン=クロード・ペヌティエはフォーレで昨日とはやや違う味わいを演出。厚みのある音楽を聴かせてくれました。

児玉桃は今日は脇役が多かったけれど、安定感があり安心して聴いていられました。

まさにおフランスな1日。
色彩感や透明感溢れる”音”にどっぷりつかる。

実は今”優しい旋律”に飢えています。
ショパンのマズルカでも聴いて寝ようと思います。

まずは速報。

※今日もオペラシティ・コンサートホールは超ライヴ音響。
聴衆は昨日よりさらに少なかった。
こんな音聴いてしまったら、他のホールのコンサートがまずい。

※最終公演、ポロシャツにGパンというラフないでたちのルイス・フェルナンド・ペレス似の外国人がそばに座りました。案の定、最後の挨拶で呼ばれペレスと判明。紛れているとわからないものです。

※公演11など、200人くらいしかいなかったのではないでしょうか。
前方中央席でさえガラガラ。
興行的には果たして成功だったのでしょうか。
心配です。
(カジモトの社長も見えてました)

« ル・ジュルナル・ド・パリNo.8@オペラシティ・コンサートホール | トップページ | ル・ジュルナル・ド・パリNo.9@オペラシティ・コンサートホール »

他のピアニストの記事」カテゴリの記事

コメント

La Valse★さま:

フランス音楽、というか近代以降はそもそも苦手だったんで、良い経験でした。
いくつか好きになれそうな曲には出会えた気がします。

知らない曲やよく聴きこんでいない曲が多かったので屁理屈ならべにくい、ということもありますが、とにかく皆一流のピアニストであることは間違いないです。
1時間2,000円では本当に申し訳ない。
だのにあの入り・・・

ヌーブルジェをあの音響の中で弾かせてみたかったです。
どんな音になったのか、想像しただけで卒倒しそう。

2007年のインタビューでは、確かに「フォーレは得意」と語っていますね。
でも「解釈の問題」とか、あっさりしたものです。


> ル・ジュルナル・ド・パリの最終日。
> 今日も4公演全部聴いてきました。
> まさにおフランスな1日。
> 色彩感や透明感溢れる”音”にどっぷりつかる。

連日の鑑賞、お疲れ様でしたhappy01
そして、詳細なレポートありがとうございます。
フランス音楽でお腹一杯~羨ましいです。
今回、私は18日の4公演しか聴くことができなかったのですが、
どの公演もとても素晴らしく、この日の最後の公演を終える頃には"時代を追って進むプログラム"に続きも聴きたくなってしまいお腹一杯には程遠い状態です。
この日に買ったペヌティエさんのフォーレアルバムを聴いて余韻を引きずってます。

確かヌーブルジェさんはフォーレが得意だとインタビューの中で語ってましたよね。
彼のフォーレ聴いてみたいです~イメージだけがどんどん膨らんでます

> 公演11など、200人くらいしかいなかったのではないでしょうか。
> 前方中央席でさえガラガラ。

そんなに少なかったのですか?!?!
18日もちょっと少ないかな?と感じましたが、それでも6~7割くらいは入っていたと思います。
なんか、残念ですweep

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1169149/36842275

この記事へのトラックバック一覧です: フランス音楽でお腹一杯~ル・ジュルナル・ド・パリ4日目速報:

« ル・ジュルナル・ド・パリNo.8@オペラシティ・コンサートホール | トップページ | ル・ジュルナル・ド・パリNo.9@オペラシティ・コンサートホール »

twitter

2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ