最近のトラックバック

« ヌーブルジェの貴重なライブ音源(初出ドビュシー、シューマンなど) | トップページ | ル・ジュルナル・ド・パリNo.5@オペラシティ・コンサートホール »

2010年9月19日 (日)

驚愕!!ルイス・フェルナンド・ペレス~ル・ジュルナル・ド・パリ3日目速報

ルネ・マルタン氏の新企画、ル・ジュルナル・ド・パリに本日から通い始めました。

フランス近代ピアノ音楽を堪能。得意分野ではないし、こんな機会は滅多にありません。

アンヌ・ケフェレックは相変わらず華麗な音楽を聴かせてくれました。
児玉桃はなかなか情熱的なラヴェル。
クレール=マル・ルゲは透明感のある音色が素敵。
ジャン=クロード・ペヌティエはデリカシーの極致。消えてしまいそうなピアニシモに感動。
モディリアーニ弦楽四重奏団のエレガントな演奏もしびれました。

そして、なんといっても、今日の白眉ルイス・フェルナンド・ペレス
今年のラ・フォル・ジュルネで、ルネ・マルタン一押しという触れ込みながら聴きもらしており、期待していたところ、期待にたがわぬ、壮絶な音楽を体験できました。

異次元の響き。豊かな音量。極めて広いダイナミックレンジ。縦横無尽な表現力。
オペラシティ・コンサートホールが艶やかな音で溢れかえり、めまいがしそうでした。

まずは速報を。
個別のコンサートの記事は追って書きます。

« ヌーブルジェの貴重なライブ音源(初出ドビュシー、シューマンなど) | トップページ | ル・ジュルナル・ド・パリNo.5@オペラシティ・コンサートホール »

他のピアニストの記事」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

« ヌーブルジェの貴重なライブ音源(初出ドビュシー、シューマンなど) | トップページ | ル・ジュルナル・ド・パリNo.5@オペラシティ・コンサートホール »

twitter

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ