最近のトラックバック

« 2011年来日ピアニスト情報~ヌーブルジェはどうした! | トップページ | iPadで楽譜を持ち歩く »

2010年8月19日 (木)

シューマンとショパン

両者は同い年で、今年生誕200年で随分取り上げられています。
もちろん、取り上げられる頻度はショパンの方が圧倒的ではあります。

そのショパンに関する著作物が何冊も出版され、かなり読みました。

シューマンはショパンの「ドン・ジョバンニ『お手をどうぞ』の主題による変奏曲」を評して「諸君、脱帽せよ、天才だ!」と書いたことはつとに有名です。
変奏曲のひとつひとつに、それはそれは具象的な情景をあてはめて評論したところ、それを知ったショパンは「このドイツ人の想像力には死ぬほど笑った」と、驚くべき冷淡な感想を手紙に残しているそうです。

さらに後年、シューマンの「謝肉祭」については、曲の中に「ショパン」があるにもかかわらず、当のショパンは「こんなの音楽じゃない」と友人に語ったとあります。

ショパンの曲の中には、例えばバラードは元となる詩があったと言われています。しかし、音楽は別にその詩をなぞって作られたわけではなく、あくまでインスピレーションを得た、という次元だという説が普通のようです。

その意味では、コミック「ピアノの森」で、雨宮がショパン:バラードの情景を父親に語るのは、やや筋違いといえるかもしれません。

岡田暁雄氏のベストセラー「音楽の聴き方」では、音楽とその言語的受け止め方、ということについて述べています。
言葉による音楽のイメージ化が、案外大切だ、と。
しかし、言語はあくまで音楽にたどり着くための方便であって、言語的表現そのものが音楽とイコールでないことは言うまでもありません。

シューマンは一生懸命、言語的にショパンの魅力を表現してショパンにラヴコールを送ったものの、ショパンにとっての音楽は、簡単に言語化やイメージ化できるような代物ではなかったようです。

音楽は音楽である。

これらのエピソードをもって、ショパンがシューマンより優れている、と言いたいわけではありません。

こういうエピソードに、ショパンとシューマンの異なる芸術的特性が端的に表れている、と思うわけです。

他のクラシック音楽作曲家たちも、ショパン的に音楽を作る人と、シューマン的に音楽を作る人に、概ね二分されるような気がします。

あまり感心できることではないのですが、数日前、ちょっと気分がむしゃくしゃして、ピアノでなぜかシューマンを弾きたくなり、「謝肉祭」の終曲「フィリシテ人と闘う『ダヴィッド同盟』の行進」を弾いてみました。

といっても、ほとんどまともに弾けないので、左手は添える程度で、主に右手だけを”狂ったように”ガツガツと弾いたならば、なんだか、ぴったり気分にはまってしまいました。

あの小節線を無視した、本来の拍子とずれたリズムの取り方と、セカセカとフィナーレに向かうスピード感が、むしゃくしゃした気分に、ちょうど合ってしまったようです。

« 2011年来日ピアニスト情報~ヌーブルジェはどうした! | トップページ | iPadで楽譜を持ち歩く »

随想」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: シューマンとショパン:

« 2011年来日ピアニスト情報~ヌーブルジェはどうした! | トップページ | iPadで楽譜を持ち歩く »

twitter

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ