最近のトラックバック

« 【ヌーブルジェ動画】フランク:前奏曲、コラールとフーガ ロ短調 @ルーヴル | トップページ | 「熱狂の日」フレンズ メールマガジンのあまり嬉しくない記事 »

2010年8月 2日 (月)

【ヌーブルジェ動画】スクリャービン&ショパン エチュード@ラ・ロック・ダンテロン2008

2008年7月29日 ラ・ロック・ダンテロン音楽祭での演奏模様。

スクリャービン:エチュード Op.2-1
ショパン:エチュード Op.10-10

ダイエット途上で、ふっくらしていたときの面影が幾分残っています。

埋め込めないのでリンク。

http://www.concertclassic.com/index_Antheron_Neuburger_Scriabin.asp

(情報提供:La Valseさま)

« 【ヌーブルジェ動画】フランク:前奏曲、コラールとフーガ ロ短調 @ルーヴル | トップページ | 「熱狂の日」フレンズ メールマガジンのあまり嬉しくない記事 »

ヌーブルジェ動画情報」カテゴリの記事

コメント

La Valseさま:

レポートを読んでいると、ますます欲しくなってきました。

ヌーブルジェ10代の頃の、フッと、そよ風が吹くような、ナイーブな感じも良いですよね。

まいくまさま

> 私も取り寄せようかな。

ぜひぜひ、お手になさって下さいませflair
一緒に盛り上がりましょうhappy02

まゆまおさま

> お教え頂いたLa roque d'antheron2004のDVD、
> 問題なくGet出来ました!

ご報告ありがとうございますflair
ぢつは簡単に薦めてしまったかしら?と少々心配しておりました。

> 特に変奏曲Op.34がステキでした

同感ですhappy02
キラキラした透明感のある美しい響きはこの頃から健在だったんですよねshine
私は弱音が特に美しいと感じましたlovely
そして精進を重ねて、全身を使った奏法と豊かな音量・音色・キレを手に入れたgood
この後の5~6年間の成長ぶりが伺えて嬉しかったし、
更に進化し続ける彼のピアノが尚一層楽しみになりましたhappy02

> 手元のup画像が多いので嬉しいです。

美しい手ですよね~note
ヌーブルジェさんの手、大好きなんです。。。ぢつは手フェチlovely

> そして、何もそこまで寄らなくても…
> というくらいの顔面のupも…。

これには私もウケましたcoldsweats01

+ + + + +

ちょっと脱線し過ぎてしまいました~スミマセンdash

まゆまおさま:

お返事遅くなりました。
知らない間に落ちてしまいまして(^^;)

>それよりも、海外からの取り寄せ品が、
>こんなにスムーズに届くなんて驚き至極です。
>(これが当たり前、と思っていると痛い思いをするんでしょうが…)

いよいよ物流もグローバルですね。

>PCでは何の苦労もなく観られました。

ああ、そうでした。
私も取り寄せようかな。

まいくま 様

おはようございます。
ブログに、お仕事に、充実されて素晴らしいですね。

>フランスから取り寄せたのですね!

といっても確か英語表示(を選択したんだっけ…?)だったので
特に問題なく出来ました。
それよりも、海外からの取り寄せ品が、
こんなにスムーズに届くなんて驚き至極です。
(これが当たり前、と思っていると痛い思いをするんでしょうが…)

>実行力おありですね。

いえいえ、単にヌーブルジェ氏観たさ、です。

>方式の変換もきちんと済まし、ということですよね。

方式の違いについては、La Valse★様が書かれていたように
家電のDVDプレイヤーの場合が問題なのであって、
PCでは何の苦労もなく観られました。
うちのPCのモニターの質の悪さがちょっと残念でしたが。

まゆまおさま:

フランスから取り寄せたのですね!
実行力おありですね。

方式の変換もきちんと済まし、ということですよね。

私はまだmedici.のダウンロードに挑戦してます。

あと、海外のいろいろな配信の情報を多数とれそうな感じになってきました。
来年までのこのあいた時期に、いろいろ工夫をしてみます。

まいくま 様

こんばんは。
お忙しいというのに連日の更新ありがとうございます。
毎日楽しませて頂いておりますが、
ご無理のなきよう、末永く頑張って下さい。

そして La Valse★様

お教え頂いたLa roque d'antheron2004のDVD、
問題なくGet出来ました!

teenagerと思って聴くと、
つい“初々しい”と感じてしまいますが、
どうしてどうして、なかなか堂に入った演奏で、
特に変奏曲Op.34がステキでしたheart04

手元のup画像が多いので嬉しいです。
そして、何もそこまで寄らなくても…
というくらいの顔面のupも…。

他の方の演奏はまだ少ししか聴いておりませんが、
お蔭様でしばらく楽しめます。

ありがとうございました。

La Valseさま:

>フロラン・シュミット。。。正直、私は名前すら知りませんでした(汗)

もちろん、私も即 ピティナの楽曲情報を調べました。

>こういうプログラムは飛行機に乗らないと聴けなさそうですよね

ハイ。貴重な日本公演では、できればご勘弁ねがいたいです。
しゅとっくはうぜん、とか、でぃてゅいー、とか・・・

>もしかしたら太りやすい体質なのかも?

あっ、これ何かのインタビューで言ってましたよ。
ぶらあぼ だったかなぁ?
自分は太りやすい体質だ、と。

そしてまた、貴重な動画情報ありがとうございました。
最初のやつは、画質の悪い動画が前からありますが、ほんとにひどいので、アップしていませんでした。
これが元ネタだったとは!

2007年のサントリーホールライブ前の映像は初めて見ました。

後日、また記事にさせてください。
 ※今、超忙しくて時間がとれません。今日もはやく寝なくては


まいくまさま
まゆまおさま

> そしてピアノはErard!

サロン風のホールといい、レトロな雰囲気にピッタリnote
こういうのライブ体験してみたいですshine

> マニアックですねえ。

フロラン・シュミット。。。正直、私は名前すら知りませんでした(汗)
こういうプログラムは飛行機に乗らないと聴けなさそうですよねdown

+ + + + + + +

> そういえば、過日私が“太っちゃった?”発言をしてしまいましたが、

でも、コンチェルトで来日する前の映像ですから。。。わかりませんよ(爆)
もしかしたら太りやすい体質なのかも?
いずれにしても、演奏に差障りがなければ、そして何より健康であれば、
ぽっちゃりでも私はいいかなぁ~可愛いしheart

http://pianoscope.beauvais.fr/index.php/2006/une-cloture-de-festival-grandiose/

http://mv-classic.eplus2.jp/article/56322638.html

まゆまおさま

>そしてピアノはErard!

変わったピアノだ、と思いましたが、そうだったのですね。
さすが、ピアノを選ばないヌーブルジェ。

>しかし私の見たあのお腹周りはなんだったんだろう…?

過去の動画とか見ても、着ているジャケットによって、お腹が太く見える
ことがある気がします。

>何にせよ、幻だったら何よりですが。

だと思いますよ。
気をつければ、あと20年くらいはスリムでいられるでしょう。

La Valseさま:

連日、貴重な情報をありがとうございます。
今日もキツキツで、まだじっくり鑑賞できていないので、後日記事にまとめます。
フロラン・シュミット。
しかもクインテット。
さすが、ヌーブルジェ。
マニアックですねえ。

ラジオの方は、今度はスペインですか!!
サンサーンスは初めて。
これは聴き逃すわけにはまいりません。

かえすがえす、ありがとうございます。

まいくま 様

こんばんは。
そしてLa Valse★様、動画情報ありがとうございます!
雰囲気たっぷりのphotoイメージの通り、ステキなQuintetteですね。
そしてピアノはErard!

そういえば、過日私が“太っちゃった?”発言をしてしまいましたが、
この映像を観る限り、まいくま様が仰っていたように、
再び激やせ?のようですね。失礼しました。

しかし私の見たあのお腹周りはなんだったんだろう…?

何にせよ、幻だったら何よりですが。

新たに見つけたのでアップします(^^)b

《動画》
2010年4月15日 - フロランシュミット:ピアノ五重奏曲 Op.51
モディリアーニ弦楽四重奏団との共演。インタビューあり(フランス語)。
Venise. Palazzetto Bru Zane, le 15 avril 2010. Florent Schmitt : Quintette pour piano et cordes opus 51. Jean-Frédéric Neuburger, piano. Quatuor Modigliani

http://www.classiquenews.com/voir/lire_article.aspx?article=3754&identifiant=201051041S7CGJ8UMBD6ETNBJ3XADGFD

+ + + + + + +

《ラジオ放送予定》
現地:8月16日17:00~RTVE(スペインの放送局)
2008年5月30日 - 香港での演奏会。
サン=サーンス:ピアノ協奏曲第2番ト短調 他
Europa en la onda
Concierto celebrado en el Ayuntamiento de Hong Kong, el 30 de mayo de 2008. Grabación de la RTHK, Hong Kong.
GOUNOD: Música de ballet de ‘Fausto’ (17’40”). SAINT-SAËNS: Concierto para piano nº 2 en Sol menor, Op. 22 (22’47”). RIMSKY-KORSAKOV: Scheherezade, Op. 35 (47’18”). J. F. Neuburger (p.), Sinfonietta de Hong Kong. Dir.: Y. Wing-Sie.

http://www.rtve.es/rne/rc/programa/20100816

+ + + + + + +

ラジオ放送の情報は友人から頂きました。
友人いわく、ネットラジオ情報は「変更可能性あり」との事です。
スケジュールの変更が結構あるようなので、ご了承下さいませ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1169149/36000615

この記事へのトラックバック一覧です: 【ヌーブルジェ動画】スクリャービン&ショパン エチュード@ラ・ロック・ダンテロン2008:

« 【ヌーブルジェ動画】フランク:前奏曲、コラールとフーガ ロ短調 @ルーヴル | トップページ | 「熱狂の日」フレンズ メールマガジンのあまり嬉しくない記事 »

twitter

2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ