最近のトラックバック

« バル・シャイ、ジュジアーノ、ケフェレック@NHK bshi クラシック倶楽部 | トップページ | 次はショパン・コンクール »

2010年6月 3日 (木)

ダン・タイ・ソン ピアノ・リサイタル@紀尾井ホール

1980年のショパン・コンクールの覇者。ベトナム人。
アジア人で初。
防空壕の中で紙の鍵盤を叩いて練習したとのエピソード。
異端のポゴレリッチが物議を醸す中、オーソドックスなダン・タイ・ソンが優勝した。

今回ライブは初めて。
ショパンの舞曲ばかり集めたコンセプト・プログラムでした。

「ショパン・ダンス」
【前半】
ショパン: 8つのワルツ
       ホ長調(遺作)
       イ短調 op.34-2
       ヘ長調 op.34-3
       変ニ長調 op.70-3
       変イ長調 op.42
       嬰ハ短調 op.64-2
       変ト長調 op.70-1
       変イ長調 op.34-1
ボレロ op.19
タランテラ op.43

【後半】
ポロネーズ第7番 変イ長調 op.61 「幻想ポロネーズ」
6つのマズルカ
       ト長調 op.50-1
       変イ長調 op.50-2
       嬰ハ短調 op.50-3
       ロ長調 op.63-1
       ヘ短調 op.63-2
       嬰ハ短調 op.63-3
ポロネーズ第6番 変イ長調 op.53 「英雄」

【アンコール】
ショパン:マズルカ イ短調 op.17-4

基本的にはオーソドックスで奇をてらわない演奏でした。

が、一部の曲で「オッ」と思わせる表現をしていました。

嬰ハ短調のワルツの下降のアルペジオの部分のテンポやディナーミクに毎回変化をつけたり、アルペジオの最後の音を強調したり、だとか、幻想ポロネーズのコーダの前をぐっとテンポを落として息を潜めるように弾いてみたり。

ワルツよりマズルカの方が楽しめたでしょうか。
特に、緩いテンポの曲が良かったです。
アンコールのマズルカは絶品でした。

ボレロはマイナーな曲です。2008年にヌーブルジェで初めて聴いて知り、演奏のすばらしさもあって、悪くないと思っていました。
タランテラもヌーブルジェのCDでさんざん聴いています。

ダン・タイ・ソンで聴くと、ヌーブルジェと全く違った印象になります。
今回のテーマらしく、まさに「ダンス」という感じがしました。
ヌーブルジェのはキレキレのモダンタテのり演奏ですので。

幻想ポロネーズは後期らしい奥深い演奏で、とても素晴らしかった。
英雄ポロネーズは、ポロネーズのリズムを効かせ、2/3くらいまではなかなか快調でしたが、最後やや息切れした感じ。
やはりこの曲は相当技術的な難易度が高いようです。
ここ数年でかなり聴きましたが、最初から最後まで息切れせずに弾ききったのは2008年のヌーブルジェだけです。

※紀尾井ホールの1階の一番後ろ中央付近でしたが、音響は抜群。
音がホールに満ちあふれます。
ピアノ・リサイタルには紀尾井ホールが一番あっているような気がします。

« バル・シャイ、ジュジアーノ、ケフェレック@NHK bshi クラシック倶楽部 | トップページ | 次はショパン・コンクール »

他のピアニストの記事」カテゴリの記事

コメント

初めてお便りします。
私もこの6月にダンタイソンコンサートに行きました。
どの曲も素晴らしかったけれど、アンコールのマズルカが
まるでダンタイソンの即興であるかのように、心にしみわたり
興奮でその夜眠れませんでした。。。 ^^;)

ところで、ちょっとお知らせしたいことがあります。
12月5日(日)午後2時より紀尾井ホールにて開催されるダンタイソンコンサート、
一緒に行く友人が事情により聴きにいけなくなりました。
というわけで、ダンタイソンファンの方にチケットをお譲りしたいと思います。
必ず来ていただけいる方にお願いします。
前の方の席なので、空席ですと舞台(ダンタイソン氏)から目立ってしまうので・・・
ちなみに席は1階前から6列目左ブロック(鍵盤が少し見える位置)です。
できれば定価9,000でお願いしたいのですが、ご相談も可です。

もしご興味がありましたら、下記URLの掲示板を通してご連絡ください。
またダンタイソンの素晴らしい音色で、感激を分かち合えると良いですね。

「クラシックチケット掲示板」 http://park7.wakwak.com/~classic/ 記事No.2770

soraさま:

コメントありがとうございますm(_ _)m

>全体的には心に染み渡る音楽を聞かせていただきました。

そうですね、安心して聴けるショパンでした。

マズルカは素晴らしかったですね。あの何ともいえないリズム、間合いの取り方・・ダンタイソンならではと思いました。

英雄ポロネーズは思っていたよりもテンポが早くて、メロディーが今ひとつ丁寧&鮮明ではなかったような・・・
ミスタッチもありましたし。  

来日してから既にいくつかのリサイタルをこなされているので少々お疲れかな?と言う印象でした。

しかしながら、全体的には心に染み渡る音楽を聞かせていただきました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1169149/35042223

この記事へのトラックバック一覧です: ダン・タイ・ソン ピアノ・リサイタル@紀尾井ホール:

« バル・シャイ、ジュジアーノ、ケフェレック@NHK bshi クラシック倶楽部 | トップページ | 次はショパン・コンクール »

twitter

2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ