最近のトラックバック

« ラ・フォル・ジュルネ2010 トップ3 | トップページ | ヌーブルジェ シューマン協奏曲の公式レポート@ラ・フォル・ジュルネ »

2010年5月 5日 (水)

イーヴォ・ポゴレリッチ リサイタル@サントリーホール

ポゴレリッチはどうやらあちら側の世界に往ってしまったようです。
5月5日子供の日、サントリーホールでのマチネ。

【前半】
ショパン:夜想曲 第18番 ホ長調 op.62-2
ショパン:ピアノ・ソナタ 第3番 ロ短調 op.58
リスト:メフィスト・ワルツ 第1番

【後半】
ブラームス:間奏曲 イ長調  op.118-2
シベリウス:悲しきワルツ
ラヴェル:夜のガスパール

※ショパン夜想曲は演奏開始直前にop.55-2から変更。ブラームスは後半開始直前に追加発表。

一昨日のラ・フォル・ジュルネで、解体されたショパンの協奏曲第2番を聴いてショックを受け、今日もいったいどうなることかと、不安を抱えながらの鑑賞となりました。
そして、その不安は的中してしまいました。

演奏時間約3時間(-_-;)
個々の楽曲のことはあまり思い出したくないので書きません。

ショパンからラヴェルまで通して聴いてわかったのは、これらはポゴレリッチにとってコラールになってしまっているということです。

宗教的意図がないとすれば、現代の実験音楽

音楽は丸裸にされ、骨組みだけのコード進行。
激しく叩きつけられる単音と単音の間に、ショパンぽい、ブラームスっぽい、ラヴェルっぽい音がコチョコチョと埋まっているだけで、どの曲も同じ
ひたすら祈るのみです。

祈っても祈っても足りずに、最後のスカルボではハルマゲドンの大音響。

苦痛で逃げ出したくなりました。

ショパンのソナタの第4楽章で、普通は聞こえないような音を強調して、構造をえぐりだそうとしている試み(これはグールドもやった手法です)など芸術上の意図は多少わかったつもりです。

しかし、ポゴレリッチの今の音楽には、できればあまり関わりたくないところです。

今晩はポゴレリッチの毒を落とすため、アシュケナージの夜想曲 op.62-2とルプーのブラームス op.118-2と、リリックな2人の演奏をナイトキャップにすることにします。

※1日経って、またネガティブなことばかり書いているのに気がついたので、追記します。
まず、過去彼が若い時に出したCD-例えば、ショパンのソナタ第2番などは、多少突っ張っているとはいえ、新鮮な解釈で快演でした。
今の彼の演奏も、芸術表現として決して否定はしません。
手垢にまみれているかもしれないクラシック音楽の解釈にインパクトを与えていることは確かでしょう。
実際、この日やラ・フォル・ジュルネでの演奏に感銘を受けられる方もいらっしゃるようですし。

« ラ・フォル・ジュルネ2010 トップ3 | トップページ | ヌーブルジェ シューマン協奏曲の公式レポート@ラ・フォル・ジュルネ »

他のピアニストの記事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1169149/34542106

この記事へのトラックバック一覧です: イーヴォ・ポゴレリッチ リサイタル@サントリーホール:

« ラ・フォル・ジュルネ2010 トップ3 | トップページ | ヌーブルジェ シューマン協奏曲の公式レポート@ラ・フォル・ジュルネ »

twitter

2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ