最近のトラックバック

« ヌーブルジェについての素敵な論評 | トップページ | ヌーブルジェがショパンピアノ協奏曲第1番を弾く模様 »

2010年5月22日 (土)

着うたフルで聴くペレス、コロベイニコフ、シャマユ&ヌーブルジェ

今日はさらに着うたフルを何曲かダウンロードして、イヤホンでなく、きちんとしたヘッドホンでかなり真剣に聴いてみました。

まずはライブを聴けなかったスペインのルイス・フェルナンド・ペレス
チケットを買ってから気づいたのですが、かなりの前評判でした。
またライブを聴いた方のブログなどを読むと、男性的な激しいショパンでかなりインパクトがあったようです。

ショパン:バラード第1番 ト短調 op.23
     ノクターン第13番 ハ短調 op.48-1

評判どおり、非常に個性的な演奏。
どちらも非常にゆっくりしたテンポでかみしめるように音楽が進んでいきます。ライブだと、聴く方も相当集中力を要求されるような作り方です。アゴーギクを多用しおよそ普通っぽくありません。

バラードのコーダは、盛り上がってテンポアップする演奏者が多い中、ペレスは逆にテンポを落として「じっくり聴け!」といった感じ。

ノクターンは中間部から再現部にかけて、他に類をみないほど凄まじく激しい盛り上がり。ショパンっぽくない、という感想があったのもうなずけます。でも、これをライブで聴いたら、もしかしたら圧倒されそうです。
(ちなみに、着うたの配信は作品番号を48-1と48-2を入れ違えて間違っています。)

ショパンの第1コンチェルトとソロを聴いて、去年に引き続き感心したアンドレイ・コロベイニコフ

ショパン:マズルカ ロ短調 op.33-4

改めてライブで聴いた演奏がよみがえってきます。
音だけじっくり聴いてみると、コロベイニコフの知性の高さ
を強く感じました。
細部から盛り上がりまで含めて、すべて緻密な計算のうえに完璧にコントロールされている(もちろんプロピアニストはすべてそうであるはずなのですが)

ライブではうなり声をあげ運動能力の高い演奏ぶりに見えますが、どうしてなかなか、この人は感情よりも知性優位で弾く人ではないかとみました。

そして、対照的に音楽の雰囲気を伝えるのがとても上手なのが、ベルトラン・シャマユ。

シューマン/リスト:献呈(歌曲集「ミルテの花」 op.25より第1番)

ライブでその音の気持ちよさにうっとりしてしまったものです。
数日前イヤホンで聴いた時にはしっとりさ加減がほとんどなくなってしまってややがっかりだったのですが、今日、ヘッドホンで聴いたらライブに近い響きが蘇ってきました。

シューマンがクララに熱愛し、結婚式の前夜に捧げたという歌曲の1曲目をリストが華麗に編曲したもの。

いやあ、聴けば聴くほど良い曲です。
幸福感と愛に満ちています。
リストはずっと苦手でした。
リストの曲でこんなにメロディーが素敵と思ったことはたぶん初めてです。(※)
シャマユの甘くも深い演奏-それでいて、こてこてしておらずスマート-が、この曲の魅力をさらに高めています。

練習して、だれかの結婚式で弾いてみたくなってしまいました。

最後に、わがヌーブルジェを、もう一度音質の良いヘッドホンでじっくり聴きなおしてみました。

ショパン:ポロネーズ 第6番 変イ長調「英雄」

2008年のル・ジュルナル・ド・ショパンでの一気呵成の演奏が耳に残っていて、なかなか先入観から抜け出さずにおりました。
しかし、少し良い音で真剣に聴いてみたところ、ようやく、今回のヌーブルジェの演奏の意図がわかってきました。
壮大なまさにヒロイックな表現。
実に逞しく、大きく、男性的。
当日のライブの音響は今ひとつで響いてこなかったし、イヤホンの音でも良さがなかなか伝わってきませんでした。
ヘッドホンだとまずまずの音質で、ヌーブルジェが表現したかったことが伝わってくる気がきます。

「着うたフルプラス」を落とせる方は、さらに素晴らしく聴けることでしょう。

着うた程度の音質でも、結構聴けるということがわかり、収穫でした。
ピアニストごとの個性が十分わかります。
もう少しダウンロードしてみようと思います。

※シューマン/リスト:献呈
シューマンの原曲の歌を聴いてみました。
なんだ、結局シューマンの旋律が美しかったのですね。
リストがそれに洒落た味付けをした、というところです。

« ヌーブルジェについての素敵な論評 | トップページ | ヌーブルジェがショパンピアノ協奏曲第1番を弾く模様 »

ラ・フォル・ジュルネ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1169149/34825831

この記事へのトラックバック一覧です: 着うたフルで聴くペレス、コロベイニコフ、シャマユ&ヌーブルジェ:

« ヌーブルジェについての素敵な論評 | トップページ | ヌーブルジェがショパンピアノ協奏曲第1番を弾く模様 »

twitter

2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ