最近のトラックバック

« ショパン:ピアノ・ソロ全曲演奏第12部「豊穣のノアン」@ラ・フォル・ジュルネ#325 | トップページ | イーヴォ・ポゴレリッチ リサイタル@サントリーホール »

2010年5月 5日 (水)

ラ・フォル・ジュルネ2010 トップ3

今年のラ・フォル・ジュルネでは有料公演を全部で16公演聴きました。
良かった演奏のトップ3をまとめてみました。

【TOP1】
ジャン=フレデリック・ヌーブルジェによるシューマンの協奏曲(5/3 #248@ホールC)

期待を裏切らない最高の演奏でした。
ヌーブルジェの若くてみずみずしい感性が、この曲の躍動感にベストマッチ。
浮き立つような楽しさにあふれていました
今回、ソロではどうも本調子ではなかったようなヌーブルジェが、ここでは彼本来のピュアで切れ味鋭いタッチと、豪快なテクニックを披露してくれました。

【TOP2】
アンドレイ・コロベイニコフによるリサイタル
(5/3 #278@G409)

葬送行進曲で泣かされてしまいましたから(;_;)
コロベイニコフの演奏には大胆さと緻密な計算が同居しています。
ロシア的情念が知性でコントロールされている。
マズルカも絶品でした。

【TOP3】
ベルトラン・シャマユによるリサイタル
(5/4 #354@D7)

うっとり聴き惚れてしまうような、素敵な雰囲気を表現できるピアニストでした。
私にとって新たな発掘。
透明感がありながらも、色彩感も豊かで、シャープなのだけれど、とげとげしさがなく優しさが
ある。低音の響きも魅力的でフォルテになっても決して音が濁らない
素晴らしいピアニストだと思います。

« ショパン:ピアノ・ソロ全曲演奏第12部「豊穣のノアン」@ラ・フォル・ジュルネ#325 | トップページ | イーヴォ・ポゴレリッチ リサイタル@サントリーホール »

ラ・フォル・ジュルネ」カテゴリの記事

コメント

おんぷ☆さま:

ようこそいらっしゃいませ(^O^)

>バッハの時のラフォルジュルネの公演を聴いてから

私は2008年の秋にル・ジュルナル・ド・ショパンで聴いてからでした。

>ヌーブルジェさんの出す音に感動し、虜になってしまいました。

虜になりますよねえ、あれ聴いてしまったら。

>このブログの読者にさせて下さいm(_ _)mよろしくお願いいたします。

どうぞどうぞ、自由にご参加ください。

>ヌーブルジェさんのリサイタル、6月、7月に所沢と大阪でありますよね♪そちらのほうには行かれますか??

もちろん両方とも行きます(v^ー゜)
追いかけですので(^^;)

初めまして(^-^)!色々と検索しているうちに、このブログにたどり着きました。実は私もヌーブルジェさん(様??)のファンなんです!バッハの時のラフォルジュルネの公演を聴いてからなのですが、その時からヌーブルジェさんの出す音に感動し、虜になってしまいました。今年のラフォルジュルネも3日間行ってまいりましたよ(o^∀^o)なので、このブログの読者にさせて下さいm(_ _)mよろしくお願いいたします。
ヌーブルジェさんのリサイタル、6月、7月に所沢と大阪でありますよね♪そちらのほうには行かれますか??

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1169149/34530752

この記事へのトラックバック一覧です: ラ・フォル・ジュルネ2010 トップ3:

« ショパン:ピアノ・ソロ全曲演奏第12部「豊穣のノアン」@ラ・フォル・ジュルネ#325 | トップページ | イーヴォ・ポゴレリッチ リサイタル@サントリーホール »

twitter

2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ