最近のトラックバック

« アンジェラ・ヒューイット リサイタル@東京オペラシティコンサートホール | トップページ | ユンディ・リ ピアノ・リサイタル@横浜みなとみらいホール(その1) »

2010年4月25日 (日)

アンジェラ・ヒューイット リサイタル@東京オペラシティコンサートホール(その2)

【前日からの続き】
さて、ヒューイットの後半プログラムはブラームスの大曲、ソナタ第3番でした。
ブラームスのソナタの中で一番有名な曲。
私はもともとブラームスの曲にあまり親しんでおらず、ここ数年、晩年の小品から親しみだし、昨年、ヌーブルジェのリサイタルにおける「ソナタ第2番」のために、やっとソナタをかじり出しました。

そんなわけで、3番も何度かCDで聴いたものの、ライブは初めて。
聴いた、といっても、何せ5楽章もあって長いので、何度聞いてもなかなか最後までたどりつけない、という状況でした。

今回はじっくり聴く良い機会でした。

ブラームスらしい、シンフォニックな和音にあふれた大きな音楽です。
ヒューイットは深刻にならず、華麗だったと思います。
リヒテルは渋く豪快で、ヌーブルジェは切れ味鋭く強烈。
それら男性的な演奏に比べると、力強さ、迫力という点では及ばないものの、音楽的には非常に豊かなものを感じました。

これを機に、さらに深くブラームスのソナタに親しんでみたくなりました。

アンコールヒューイットお得意のバッハ。

最初のコラールは、昨年のラ・フォル・ジュルネで、ヌーブルジェの演奏を聴いています。ただし、ブゾーニ版でした。
ブゾーニ版の方がよりロマンティックで、ケンプ版はバッハらしい雰囲気を残していますね。

2曲目のコラールは初めてでしたが、軽やかで良い曲でした。

全体を通して、ヒューイットの演奏はクラシカルで流麗で、とてもリズム感が良く、意図もはっきりしており、ピアノレスナーである身としては、大変参考になりました

ヌーブルジェのアバンギャルドな演奏などは、とても真似できるものではありませんので・・・

« アンジェラ・ヒューイット リサイタル@東京オペラシティコンサートホール | トップページ | ユンディ・リ ピアノ・リサイタル@横浜みなとみらいホール(その1) »

他のピアニストの記事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1169149/34386999

この記事へのトラックバック一覧です: アンジェラ・ヒューイット リサイタル@東京オペラシティコンサートホール(その2):

« アンジェラ・ヒューイット リサイタル@東京オペラシティコンサートホール | トップページ | ユンディ・リ ピアノ・リサイタル@横浜みなとみらいホール(その1) »

twitter

2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ