最近のトラックバック

« ミュージックキオスク@ラ・フォル・ジュルネ概要発表 | トップページ | アンジェラ・ヒューイット リサイタル@東京オペラシティコンサートホール(その2) »

2010年4月24日 (土)

アンジェラ・ヒューイット リサイタル@東京オペラシティコンサートホール

ヒューイットのライブは2回目となります。
前回はバッハの平均律第2巻全曲というヘビーなものでした。
全曲熟知していたわけではないので、ヒューイットの特徴をその一度のコンサートでつかみきれたとはいえませんでした。

今日はやや体調が悪く、半分うつらうつらだったものの、プログラムにはよく知った曲があったので、ヒューイットのすばらしさをしっかり堪能することができました。

【前半】
ヘンデル:組曲 第2番 ヘ長調 HMV427
ハイドン:ピアノ・ソナタ 第52番 変ホ長調 Hob.XVI52
ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ 第6番 ヘ長調 Op.10-2

【後半】
ブラームス:ピアノ・ソナタ 第3番 ヘ短調 Op.5

【アンコール】
バッハ/ケンプ:「目覚めよと呼ぶ声あり」BWV140
バッハ/メリー・ハウ:「羊はやすらかに草をはみ」BWV208

ピアノはFAZIOLIでした。ヒューイットのお気に入り。
イタリアの比較的最近のメーカーで、近年人気が高まっており、ショパンコンクールでも公式ピアノの一つの選ばれているほどです。

ヘンデルはかなりぼーっとしていて細かく聴けませんでした。
FAZIOLIの音色は、オレンジ色だなあ、と感じることはできました。

ハイドンは結構知っている曲。
クラシカルで、軽やかかつ流麗。河村尚子と似ている感じがしました。

ベートーヴェンの第6番は、昔、身内が音大を受験する時にさんざん聴かされて、それが染みついていました。何かの雑誌で、音大の先生はベートーヴェンの5番や6番を拙い演奏でいやというほど聴くことになるので、辟易している、というのを読んだことがあります。今日の演奏は、その染みついたイメージを完全に払拭するような、すばらしいものでした。
正直言って、同じ曲とは思えない。
軽やかなので、たくましいベートーヴェンという感じではなかったですが、ハイドンとはあきらかに違うデュナーミクの変化のつけかたをしていました。
対位法的な第3楽章も、全く重くなることがなく、颯爽としていました。

続く

« ミュージックキオスク@ラ・フォル・ジュルネ概要発表 | トップページ | アンジェラ・ヒューイット リサイタル@東京オペラシティコンサートホール(その2) »

他のピアニストの記事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1169149/34372279

この記事へのトラックバック一覧です: アンジェラ・ヒューイット リサイタル@東京オペラシティコンサートホール:

« ミュージックキオスク@ラ・フォル・ジュルネ概要発表 | トップページ | アンジェラ・ヒューイット リサイタル@東京オペラシティコンサートホール(その2) »

twitter

2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ