最近のトラックバック

« ユンディ・リ ピアノ・リサイタル@横浜みなとみらいホール(その3) | トップページ | ショパン・コンクールの覇者シリーズ »

2010年4月26日 (月)

ユンディ・リのおかげで、ジュルネでのヌーブルジェの期待倍増!

昨日のユンディ・リのリサイタルは素晴らしいものでした。
ノクターンの美しい響きには心を奪われました。

しかしです、わがヌーブルジェも美しい音にかけては負けていません。
ユンディ・リとはまた違った、硬質でキラキラとクリスタルガラスのように輝く美しさです。

そして、ラ・フォル・ジュルネでは、リと同じ、
    ノクターン第2番 Op.9-2
    英雄ポロネーズ

を聴くことになります。
(ノクターンOp.15-2もありますが、チケットを取っていません)

実に楽しみになってきました。
ノクターンは動画で見られるし、英雄ポロネーズはル・ジュルナル・ド・ショパンで聴いているので、だいたい想像はつくのですが、間をおかずにライブで聴き比べできるとは、嬉しいかぎりです。

英雄ポロネーズは、たぶんヌーブルジェの演奏に圧倒されると思います。テクニカルな曲はヌーブルジェの方が迫力がありそうだからです。
ノクターンは、かなり両者アプローチが違うと思うので、好みが分かれるところだと思います。

ラ・フォル・ジュルネまで1週間をきり、いよいよ興奮が高まってきました。

« ユンディ・リ ピアノ・リサイタル@横浜みなとみらいホール(その3) | トップページ | ショパン・コンクールの覇者シリーズ »

随想」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

« ユンディ・リ ピアノ・リサイタル@横浜みなとみらいホール(その3) | トップページ | ショパン・コンクールの覇者シリーズ »

twitter

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ