最近のトラックバック

« ラ・フォル・ジュルネの予習 | トップページ | ラ・フォル・ジュルネ先行抽選販売結果発表!~厳しい(-_-;) »

2010年3月16日 (火)

ショパン:チェロ・ソナタ@ラ・フォル・ジュルネ

ショパンのチェロソナタは私にとって初物です。
とにかく独奏曲が好きなので、他のジャンルには、何かきっかけがないと首をつっこみません。

つっこめば、それなりに楽しめてしまうものですが。

今回はラ・フォル・ジュルネのおかげで、チェロソナタの世界に入ります。
ベートーヴェンの数曲くらいしか聴いたことがありません。
リヒテルとロストロポーヴィッチのデュオは火花を散らすような壮絶な演奏です。
聴けばはまりますね。

ショパンのチェロソナタは、楽曲解説などによると、対位法などが多用され、複雑かつ難解な音楽のようです。

ショパンの晩年1846年に、生前の一番最後に出版した曲で、もしかしたら、このあたりから、新しい境地を目指していたのかもしれないと言われているようです。

玄人好みのする名作だと聞いたこともあります。

とにかく、まずは聴いてみないことにははじまりません。

例によってamazonを探してみると

 ヨーヨー・マ&アックス
 アルゲリッチ&マイスキー
 デュプレ&バレンボイム
 アルゲリッチ&ロストロポーヴィッ

あたりのようです。

入門としては、どのあたらりがよいでしょうかねえ。

あっ、アルゲリッチ&ロストロというのは凄そうですね。

« ラ・フォル・ジュルネの予習 | トップページ | ラ・フォル・ジュルネ先行抽選販売結果発表!~厳しい(-_-;) »

随想」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ショパン:チェロ・ソナタ@ラ・フォル・ジュルネ:

« ラ・フォル・ジュルネの予習 | トップページ | ラ・フォル・ジュルネ先行抽選販売結果発表!~厳しい(-_-;) »

twitter

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ