最近のトラックバック

« ヌーブルジェのピアノ協奏曲再び | トップページ | ピアノ発表会へ暗雲~奥が深すぎるクラシック・ピアノ »

2010年3月19日 (金)

壮絶!チケット争奪戦~ラ・フォル・ジュルネ

昨日午前10時から、ラ・フォル・ジュルネの先行先着順販売が始まりました。
何とか仕事の都合をつけ、友人と連携して抽選で当たらなかった小さなホールの公演のチケットを取るべく、パソコンの前にスタンバイしました。

販売開始10分前くらいまでは、まだサイトへの出入りは自由にできました。
しかし、開始3分くらい前から、にわかに様子がおかしくなり、IEの更新ボタンを押すと、ビジー状態が表示されるようになってしまいました。

慌てているうちに10時を迎え、目的の公演(まずはヌーブルジェ&ヴァシリエヴァのチェロ・ソナタ)を選ぼうとしても選べない。

何度もやり直し、ようやく一つ先にたどりつくも、その先へ行けない。

10時7分頃に、やっと購入画面にたどりつき、IDとパスワードとスパム防止の数字の入力が終わり「買える!」と、思って最後のクリックをしたら「購入できません」の表示!

すぐさま戻ってやり直そうとするも、なかなか入っていけない。

10時10分頃、ようやく公演番号のクリックに成功すると、なんと「予定枚数終了」の表示。

戦いは10分で終わってしまいました。

15分頃になると、ビジー状態が少し緩んだ感じで、他の公演に比較的短時間で入っていけるようになりました。

しかし、抽選ではずれた小さなホールの公演は、すべて完売でした。
壊滅です。

凄まじき争奪戦でした

たったの150~200席を、3回に分けての販売ですから、単純計算で1回あたり50~70席くらい。
ましてや先行分ですから、割り当てはもっと少ないのでしょう。

やる気のあるもんだけかかって来い、といったところですね。

ちなみに、販売開始2日経った先ほど、5月3日の状況を確認したら、5,004席ある一番大きなホールAはまだすべて残っていました。

1,490席のホールCは、小曽根真の公演が予定枚数終了だった他は、まだ残っています。
なのでヌーブルジェのシューマン:ピアノ協奏曲もまだ大丈夫

しかし、878席のB7は、最終の№227以外はすべて売り切れ。
最終公演は21時45分開始の22時45分終了ですから、よい子は行けませんものね。

その昔、ポリーニのチケットを取るのに、プレイガイドに朝早くから並んだり、電話がつながらなかったり、さんざん苦労したものです。
インターネットの時代になって、プレリザーブなどができるようになってだいぶチケット争奪戦から解放されるようになってきたものの、まだ苦労しなけらばならないこともあるのですね

« ヌーブルジェのピアノ協奏曲再び | トップページ | ピアノ発表会へ暗雲~奥が深すぎるクラシック・ピアノ »

随想」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 壮絶!チケット争奪戦~ラ・フォル・ジュルネ:

« ヌーブルジェのピアノ協奏曲再び | トップページ | ピアノ発表会へ暗雲~奥が深すぎるクラシック・ピアノ »

twitter

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ