最近のトラックバック

« シューマン:ピアノ協奏曲を予習 | トップページ | チェロ・ソナタまたもや敗退(;_;) »

2010年3月23日 (火)

ツィメルマン2010年来日公演のプログラムが判明か?

「音楽の友4月号」別冊付録のコンサート・ガイドを見ていたら、クリスチャン・ツィメルマンの今期の来日コンサートのうち、なぜか、神奈川の横須賀芸術劇場で行われるリサイタルのプログラムだけ、情報が載っていました。

オール・ショパン・プログラムで、ソナタの2番と3番を演奏することはすでに発表されています。

その他の曲として、
  スケルツォ、即興曲、マズルカ
とあります。

ソナタもそうですが、これらの曲はCDでは聴けないものばかり。
(スケルツォの2番だけはDVDになっている)

スケルツォは1番から4番まで、何でも楽しみです。
もし1番だったら、ヌーブルジェのラ・フォル・ジュルネでの演奏と比べられます。
3番だとポリーニの演奏などとの違いがわかることでしょう。

即興曲は確か3回前の来日リサイタルの時、1曲聴いたと思います。(前回がベートーヴェン32番とブラームス119、シマノフスキ、2回前がモーツァルト10番ソナタ、ベートーヴェン悲愴ソナタ、ラヴェル、その前がブラームス118、ベートーヴェン31番ソナタ、ショパン即興曲、ショパン3番ソナタだったかな?)
その時同時に聴いたソナタ第3番は圧巻でした。

ツィメルマンのマズルカは、たぶん私は聴いたことがありません。
ポーランド人だけに、どういうリズム感で弾くかがとても興味深い。
実は、マズルカはやや苦手でした。
ライブ通いを多く始めた一昨年から、マズルカをだいぶ聴くようになったものの、ホロヴィッツの演奏のように、味のある演奏になかなか出会えません。
なので、期待は大きいです。

ツィメルマンはジャンルを問わず何でも弾きますが、やはりショパンはお似合いだと思います。
CDをなかなか出さないので、しっかりライブを堪能したいと思います。

ツィメルマン2010年来日公演の予定はこちら↓
http://mykumasan.cocolog-nifty.com/blog/2009/12/2010-c714.html

« シューマン:ピアノ協奏曲を予習 | トップページ | チェロ・ソナタまたもや敗退(;_;) »

他のピアニストの記事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1169149/33907244

この記事へのトラックバック一覧です: ツィメルマン2010年来日公演のプログラムが判明か?:

« シューマン:ピアノ協奏曲を予習 | トップページ | チェロ・ソナタまたもや敗退(;_;) »

twitter

2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ