最近のトラックバック

« アンドレイ・コロベイニコフ@ラ・フォル・ジュルネ(ナント・ウェブ・ラジオ) | トップページ | ナント・ラ・フォル・ジュルネのウェブ・ラジオ聴取期限 »

2010年2月 7日 (日)

フィリップ・ジュジアーノのショパンの第2コンチェルト@ナント・ウェブ・ラジオ

今日はネットカフェからです。
ジュジアーノのナント・ラ・フォル・ジュルネでの演奏を、ウェブ・ラジオで聴いてみました。

http://sites.radiofrance.fr/francemusique/la-folle-journee-de-nantes/fiche.php?eve_id=255000140

一昨年秋のル・ジュルナル・ド・ショパンで聴いたジュジアーノは、あの日登場した6人の中ではもっとも音が小さく、デリケートでした。

ヌーブルジェのキレキレブリリアント演奏と、ケフェレックの艶艶演奏にしびれていた私には、ジュジアーノの演奏はやや迫力不足で印象も薄く感じてしまったものです。

その後、ピアノのレッスンを1年近くやって、みっちり本場仕込みのクラッシックを学んできたら、少し音楽の捉え方が変わってきました。
びっくりするような超絶テクニックのみが良い演奏というわけではない。

逆に、テクニック先行のピアニストには、音楽的にはどうなのか、という印象を感ずるようになりました。辻井信行が優勝したヴァン・クライバーンのファイナリストの中国人や韓国人などに感じました。

ジュジアーノの第2コンチェルトは、一昨年の印象と同じく、おとなしく、奇をてらわず、じっくり聴かせる演奏です。ハッとびっくりするようなことは少ないけれど、安心して身をゆだねていられる。そんな感じです。

たぶん、音が小さく、デリカシーにはあふれていたというショパン本人の演奏も、こんなだったのでは、と思わせます。
そういえば、ジュジアーノこそ、ショパンの再来、と地元では言われている、ということを何かで読みました。
これはヌーブルジェ再来説(たぶん、日本向けのプロモーション)よりはずっと共感できます。

ヌーブルジェは、もちろん音楽的な表現力も豊かですが、17、18歳ころの演奏、特にネットの動画で見られるエチュード系の曲(リストやストラヴィンスキー)だとか、ベートーヴェンのソナタあたりは、やはりまだテクニック先行だなと多少は感じます。ただ、ショパンについては、やけに新鮮で、エチュード集とオーベル・シュル・オワーズでのライブ演奏は10代の頃のものでありながら、すばらしい個性だと思います。

そして、20歳を過ぎた、2007年のサントリー以後くらいからは、どんどん進化してきているように思います。

« アンドレイ・コロベイニコフ@ラ・フォル・ジュルネ(ナント・ウェブ・ラジオ) | トップページ | ナント・ラ・フォル・ジュルネのウェブ・ラジオ聴取期限 »

他のピアニストの記事」カテゴリの記事

コメント

まゆまおさま:

やっと聴けて、わかりました。
リストです。

記事に書いたので見てください。

毎度情報ありがとうございます。

まゆまおさま:

おー、まったく気がつきませんでした。
夜中に聴こうと思ったのですが、落ちてしまいました。

今晩はヴィニツカヤのリサイタルで遅いし・・・

明日なら時間がとれると思うので、しっかり聴いてみますね

まいくま 様

こんばんは。
パソコン故障中にもかかわらず、
まめに更新して頂きありがとうございます。

ご紹介頂いたジュジアーノの第二コンチェルトを
聴いておりましたら、何とおまけのように
ヌーブルジェ氏の演奏が放送されていましたね!
フォーレだということは判ったのですが、
曲名が判りません。
ご存知でしたらお教え頂けましたら嬉しいです。

それにしても、
まいくま様の仰るように
ヌーブルジェ氏のピアノの音は、
“brilliant”、キラキラしてますね。
映画しか見ておりませんが、
“のだめ”でいうところの星が飛んでる音みたいです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1169149/33284695

この記事へのトラックバック一覧です: フィリップ・ジュジアーノのショパンの第2コンチェルト@ナント・ウェブ・ラジオ:

« アンドレイ・コロベイニコフ@ラ・フォル・ジュルネ(ナント・ウェブ・ラジオ) | トップページ | ナント・ラ・フォル・ジュルネのウェブ・ラジオ聴取期限 »

twitter

2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ