最近のトラックバック

« ヌーブルジェ新譜発売か? | トップページ | ティル・フェルナー リサイタル@トッパンホール »

2010年1月27日 (水)

【CD紹介】ショパン:チェロ・ソナタ、序奏と華麗なポロネーズ、アルカン:演奏会用ソナタ

ルネ・マルタン氏のMIRAREレーベルから3月10日に発売予定のアルバムがHMVで確認できました。
(KA-TSUさん、ありがとうございました)

・ショパン:チェロ・ソナタ Op.65
・ショパン:序奏と華麗なポロネーズ Op.3
・アルカン:演奏会用ソナタ ホ長調 Op.47

 タチアナ・ヴァシリエヴァ(チェロ)
 ジャン・フレデリック・ヌーブルジェ(ピアノ)
 録音時期:2009年9月

ショパンのピアノとチェロのための作品が2つ。
チェロ・ソナタは多少聴かれると思いますが、Op.3は知りません。

アルカンはショパンとほぼ同時代のピアニストで、ショパンやリストの友人だったようです。
相当ロマンティックで激しい曲とのこと。

ジャケットはなんでも「ショパンとジョルジュ・サンドを思わせる意味深な」ものという。
なるほど、そう言われてみれば・・・

Chopinjfneuburgerettvassilieva12639

« ヌーブルジェ新譜発売か? | トップページ | ティル・フェルナー リサイタル@トッパンホール »

ヌーブルジェCD紹介」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

« ヌーブルジェ新譜発売か? | トップページ | ティル・フェルナー リサイタル@トッパンホール »

twitter

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ