最近のトラックバック

« ナントのラ・フォル・ジュルネ2010でのヌーブルジェのプログラム | トップページ | medici.tvで聴くヌーブルジェ、ハンマークラヴィア »

2009年12月20日 (日)

映画版「のだめカンタービレ」の小ネタ~のだめの実演

いよいよ昨日から封切られています。
そのうち見たいと思っています。

「音楽の友」1月号に載っていた記事の中のネタです。

のだめが、モーツァルトのK.331のイ長調ソナタ(トルコ行進曲付き)を弾く場面があるそうです。
そのピアノの実演担当が、なんと、ラン・ランなのだそうです。

のだめを実在のピアニストに例えたら、誰だろう、とたまに考えたりします。
超絶技巧で、奔放。
マルタ・アルゲリッチあたりではないかと。

今回は、ラン・ランということ。
はじけて、すっ飛んでいる、というところでは、多少納得がいくところでしょうか。

« ナントのラ・フォル・ジュルネ2010でのヌーブルジェのプログラム | トップページ | medici.tvで聴くヌーブルジェ、ハンマークラヴィア »

随想」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 映画版「のだめカンタービレ」の小ネタ~のだめの実演:

« ナントのラ・フォル・ジュルネ2010でのヌーブルジェのプログラム | トップページ | medici.tvで聴くヌーブルジェ、ハンマークラヴィア »

twitter

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ