最近のトラックバック

« おいしいコンサート | トップページ | 遠いバッハ演奏の道(-_-;) »

2009年9月 3日 (木)

坂本龍一との共通点

先日、NHKの番組「爆笑問題のニッポンの教養」に坂本龍一が出演していました。

昔から彼は述べていました。
音楽の歌詞が言葉として入ってこない、音として入ってくる。

今回の放送でも同じことを言っていました。

この傾向は、実は私も同じなのです。
歌詞つきの音楽も聴くものの、ちっとも詞の内容が頭に残らない。
だから、歌詞を覚えるのがとても苦手です。

それでも、多少覚えている曲もあります。
ところが、やはり詞の意味などほとんど意識にない。

爆笑の太田が良いと力説していたサザン・オールスターズにしても、有名な曲くらいはかなり知っているし、カラオケでも歌えます。
しかし、詞の意味などどうでもよくて、サウンドだけが好きといっても過言ではありません。

友人などが「この曲いいよね」というとき、「詞の内容が良いよね」ということが結構ありました。
私が良いと思ってもほとんど「サウンドが良い」としか思っていないので、同床異夢というか、ちっとも感覚を共有
できていなかったりしたのでした。

ヌーブルジェはどうなのでしょうか。
動画で確か歌を歌っていたような。
詞に反応するヌーブルジェってあまり想像できないですけどね。

« おいしいコンサート | トップページ | 遠いバッハ演奏の道(-_-;) »

随想」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 坂本龍一との共通点:

« おいしいコンサート | トップページ | 遠いバッハ演奏の道(-_-;) »

twitter

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ