最近のトラックバック

« NAXOSでヌーブルジェの演奏発見! | トップページ | 「リヒテルと私」 »

2009年7月26日 (日)

菊池洋子モーツァルト協奏曲第27番@ミューザ川崎シンフォニーホール

ミューザ川崎シンフォニーホールに初めて行ってきました。

管弦楽:東京交響楽団
指揮:ユベール・スダーン
ピアノ:菊池洋子

【プログラム】
L.モーツァルト:おもちゃの交響曲 ハ長調
モーツァルト:ピアノ協奏曲第27番 変ロ長調 K.595
モーツァルト:交響曲第41番 ハ長調 K.551

おもちゃの交響曲は子供達がカッコウだのウズラだのガラガラだのを演奏し、たいへん和やかにコンサートが始まりました。
なんでも、作曲者に諸説あるそうで、プログラム上はモーツァルトのお父さんのレオポルト・モーツァルトとなって
いましたが、ウィキペディアを見るとエトムント・アンゲラーとなっています。昔はハイドンとされていたこともあったそうです。

さて、今日のお目当てのモーツァルトのピアノ協奏曲第27番
モーツァルト最後のピアノ協奏曲。
華やかさにはやや欠けるものの、モーツァルト晩年の白鳥の歌とも思える寂しい詩情を湛えた曲で、私は大好きです

菊池洋子さんは初めてです。
モーツァルト国際コンクールで日本人として初めて優勝したという、モーツァルトのスペシャリスト。
モーツァルトのソナタのCDをあらかじめ聴いていきました。
はっきりと結構元気のよいモーツァルトを弾く人だなと思っていました。

ライブでは、明確できっちりとした表現で、あまりペダルを多用せずクラッシックに弾いていました。
最近のピアニストにありがちな、デリケートでなよなよしたところは少なく、かといって、男性的で骨太というほど
でもなく、良いバランスだと思いました。

ホールの響きもよかったし、座席もベストポジションだったので、ピアノの音がオケに埋もれず、きっちり聞こえてきたので嬉しかったです。

リサイタルも聴いてみたいです。

スダーンの指揮もきびきびとして、意図がとてもわかりやすく、聴いていて楽しかったです。

41番のシンフォニーもとても楽しかった。
モーツァルトって、やはり聴衆を楽しませることを常に考えていた作曲家なのだなあ、ということがとても良くわか
りました。

実はこの曲、仕事場で毎日のようにBGMで聞こえてきて、いいかげん辟易していたのですが、居住まいを正してきっちり聴くとまた違うものですね。

今日のコンサートはベストポジションながら、たったの3000円。
実においしかったです。

« NAXOSでヌーブルジェの演奏発見! | トップページ | 「リヒテルと私」 »

他のピアニストの記事」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

« NAXOSでヌーブルジェの演奏発見! | トップページ | 「リヒテルと私」 »

twitter

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ