最近のトラックバック

« ベートーヴェンピアノ協奏曲第1番の聴かせどころ | トップページ | ジャン=マルク・ルイサダ リサイタル@紀尾井ホール »

2009年6月 5日 (金)

ブラームスはお好き?(ピアノソナタ第2番)

ヌーブルジェの演奏会カウントダウン。
NHK交響楽団定期公演まで、あと7日。
サントリーホールリサイタルまで、あと15日。

リサイタルの曲目のひとつが、ブラームスのピアノソナタ第2番。
2番とされているけれども、本当は1番最初に完成しているそうです。
ブラームスの若いときの作品。

前にも書いたように、知らなかったのでリヒテルで今一生懸命聴いています。
(ヌーブルジェがCDを出していますが、ライブで聴くことになるので、まだ購入していないのです)

しかし、なかなか好きになれない・・・
素材がバラバラと散らばっているばかりで、まとまりがなく、メロディーも親しみがわかず、美しいと
も思えない。
はじめとっつきが悪い曲でも、聴きこんでいくうちに良さがわかってくるということが、クラッシック
の場合、案外多いものです。
ですが、この曲はなかなか入ってきません。

曲の解説を読んだりして、第2楽章が変奏曲で、そのテーマを第3楽章のスケルツォでも使っている、などというのがわかって、少し構造が見えてきましたが、まだまだいけません。

ヌーブルジェはインタービューで「小難しい」と言ったらしいですが、この小難しく、仰々しく、かわいくない曲を、いったいどう聴かせてくれるでしょうか。
比較的よく弾かれている3番ではなく、ベートーヴェンのハンマークラヴィーアに似ている1番でもなく、一番わかりにくそうな2番を選んだことに、きっと何か意図がある
のだとは思いますが。

とういのは、まだ翻訳できていない、オーベル・シュル・オワーズ音楽祭のCDのインタビューで、ショパンのあまり有名でない初期の作品を演奏したことについて、それらの作品の中には、後年のショパンの名作群につながるエッセンスがちりばめられているのですよ、といったニュアンスのことを話しています。

おそらく、今回のブラームスの選曲にも、そんな意図があるのかなあ、と想像しています。

« ベートーヴェンピアノ協奏曲第1番の聴かせどころ | トップページ | ジャン=マルク・ルイサダ リサイタル@紀尾井ホール »

随想」カテゴリの記事

コメント

まゆまおさま:

重ね重ね重要な情報をありがとうございます。
こまめにネットをチェックしているつもりが、見落としがあるものですね。

とりあえず、一番近い情報なので、さっそく記事で紹介させていただきました。

当日は昼からピアノのレッスンがあるのですが、なんとかぎりぎり渋谷に行けると思います。しっかり聴いてきます(^_^)v

いただいた他の情報も順次アップしていきますね。

情報ついでに・・・

6/14(日)に渋谷のTOWER RECORDSで
ミニライブ&サイン会があるそうです。

http://www.towerrecords.jp/store/event/670.html

悲しい哉、私は家族の用事で伺えないので、
まいくま様、どうかレポートお願いします!

まゆまおさま:

再び情報ありがとうございます。
NHKハイビジョンとBS2で放映ですね。

BS2の方は私でも見られます。

また良い情報があったらお願いします(^_^)/

どうぞどうぞ!
私にお断りになるには及びません。

全然別の話になりますが、
今度のN響のコンサートは
FMで生放送、1ヵ月後にテレビでの放送が予定されているようです。
詳しくは、
http://www.nhkso.or.jp/calendar/search_bd.php
をご参照下さい。

私はこのコンサートには伺えないので
協演がN響で良かったです!

まゆまおさま:

おー、画質の良い動画ですね!!
実は、まだブログで紹介していない動画がいくつかあるのですが、画質が悪いので躊躇しています。

この動画はまだ見つけていませんでした。
情報ありがとうございますm(_ _)m

これをブログで紹介してもよろしいでしょうか?

ご返答ありがとうございました。
間違っていなかったようでホッとしました・・・。

ブラームス続きでこんなの見つけました。

http://www.youtube.com/watch?v=FZp6t4Z6R-o

まゆまおさま:

こんにちは(^o^)

>ところで、ブラームスのピアノソナタ第2番というのは、
>ヌーブルジェ氏が20歳の時の録音がCDになっていますよね?

まったくご指摘のとおりです(^^;)
すっかり忘れておりました。

CDを買う前に、リサイタルでライブを聴けることがわかったので、ライブの時新鮮に聴けるほうが良いと思って、まだCDを購入していなかったのでした。
記事の方にも追記しておきました。

>ヌーブルジェ氏のCDを聴いて、新しい魅力を感じました。

私も今度のリサイタルで、そういう感想を持てたら嬉しいと思っています(^-^)
ブラームスと仲良くなれるでしょうか?

まいくま 様

こんにちは。
いつも詳細なリポート、拝見させて頂いております。
私のような若輩者は大変勉強になり
大変有難い存在です。

ところで、ブラームスのピアノソナタ第2番というのは、
ヌーブルジェ氏が20歳の時の録音がCDになっていますよね?

それとも私が勘違いしているのか・・・?
恐縮ながらちょっと不安になり書き込みさせて頂きました。

学校で習った程度の知識しかない者にとっては、
「ブラームス=ハンガリー舞曲」という固定観念から
あまり好きではなかったのですが、
ヌーブルジェ氏のCDを聴いて、新しい魅力を感じました。
まいくま様のように論理的な説明は出来ませんが・・・。

また、引き続きブログを楽しみにしております。

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ブラームスはお好き?(ピアノソナタ第2番):

« ベートーヴェンピアノ協奏曲第1番の聴かせどころ | トップページ | ジャン=マルク・ルイサダ リサイタル@紀尾井ホール »

twitter

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ