最近のトラックバック

« ハンマークラヴィーア・メイキングDVD(byヌーブルジェ)を観る | トップページ | 記事100本目のごあいさつ »

2009年6月27日 (土)

ヌーブルジェ・リサイタルのアンコール曲顛末

6/2に、今回のリサイタルのアンコール曲を予想しました。
お遊びでしたが、予想したからには結果を検証してみましょう。

【予想1】
ドイツものが続き、しかも難解な大曲の後だし、気分を変えてフランスものの癒し系の曲
2月に弾いたドビュッシーのベルガマスク組曲や、前奏曲
または、ラ・フォル・ジュルネ東京で弾いたフォーレの舟歌や夜想曲

【結果】
大ハズレ

【予想2】
ラ・フォル・ジュルネを受けて、バッハかモーツァルトの癒し系の曲
バッハだったら、コラール前奏曲や組曲のなかの緩徐楽章など
モーツァルトだったら、幻想曲やロンド

【結果】
小当たり。
バッハということだけ当たり。
ただ、イタリア協奏曲の第3楽章だったので、癒し系どころではありませんでした。
誰かが書いていましたが、ハンマークラヴィーアで大汗書いたあとに、イタリア協奏曲の第3楽章を弾いてしまうのですから、若い!、としか言いようがありません。

【予想3】
ハンマークラヴィーアを受けてベートーヴェン
バガテル

【結果】
大ハズレ
この予想の後、CDの発売が発表され、「エリーゼのために」がカップリングされていたので、それもありかな、と思

っていましたが、それもなしでした。

【予想4】
だめ押しで超絶技巧
ショパン、ツェルニー、リストなどのエチュード

【結果】
中当たり。
ショパンエチュードでしたね。
でも、超絶技巧曲というよりしっとり系エチュードでした。

【予想5】
ヌーブルジェオリジナル曲

【結果】
大当たり!!

というわけで
  大当たり1
  中当たり1
  小当たり1

一応、全部はかすりました。

« ハンマークラヴィーア・メイキングDVD(byヌーブルジェ)を観る | トップページ | 記事100本目のごあいさつ »

ヌーブルジェコンサート鑑賞記」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ヌーブルジェ・リサイタルのアンコール曲顛末:

« ハンマークラヴィーア・メイキングDVD(byヌーブルジェ)を観る | トップページ | 記事100本目のごあいさつ »

twitter

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ