最近のトラックバック

« コンサートホールのキャパ | トップページ | ブラームスはお好き?(ピアノソナタ第2番) »

2009年6月 4日 (木)

ベートーヴェンピアノ協奏曲第1番の聴かせどころ

ヌーブルジェの演奏会カウントダウン。
NHK交響楽団定期公演まで、あと8日。
サントリーホールリサイタルまで、あと16日。

N響と協演する、ベートーヴェンのピアノ協奏曲第1番はベートーヴェン初期の名作で、聴かせどころはたくさんあろうかと思います。
第1楽章のガデンツァもそのひとつです。

今日、ipodでアシュケナージ、ツィメルマン、グルダを聴いていて気がつきましたが、第1楽章のカデンツァが違うのですね。
調べてみると、ベートーヴェン自身の作が3曲残されていて、うち1曲は未完だということですから、実質2
曲あるわけです。
アシュケナージ(メータ、ウィーンフィル)は短くてやさしい方を弾いています。
ツィメルマンとグルダは長くてド派手な方を弾いています。4分以上はあります。

ヌーブルジェはさて、どちらを弾くのでしょうか?
せっかくですから、ド派手な超絶技巧の方をお願いしたいものですが・・・

第2楽章の天国的なメロディーも聴き逃せないです。
ぜひ昇天させていただきたい。

第3楽章からは、スーパーピアノレッスンのシフをして「ブロードウェイ風」と言わしめたメロディーでしょうか。
過日、ラフォルジュルネの会場でここを弾いているキーシンのビデオが流れておりまして、そのすっ飛んだ演
奏にびっくりしたばかりです。リストはこんな風に弾いたのではなかろうか、というような仰天パーフォーマンスでした。
ヌーブルジェはそういうタイプでないですから、もう少し常識的な演奏を聴かせてくれるでしょう。

日々楽しみは増すばかりです。

« コンサートホールのキャパ | トップページ | ブラームスはお好き?(ピアノソナタ第2番) »

随想」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ベートーヴェンピアノ協奏曲第1番の聴かせどころ:

« コンサートホールのキャパ | トップページ | ブラームスはお好き?(ピアノソナタ第2番) »

twitter

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ