最近のトラックバック

« ショパン:エチュード Op.10-1 ~オーヴェル・シュル・オワーズ音楽祭2005年ライヴ 【CD聴記9】 | トップページ | ヌーブルジェ次のアルバム »

2009年3月29日 (日)

大阪フィル定期演奏会評(音楽の友4月号)

音楽の友4月号のコンサート・レビューに、2月の大阪フィルハーモニー交響楽団の定期演奏会の批評が掲載されていました。

評論家は福本健氏。対象となったのは、サントリーホールのではなく、大阪のザ・シンフォニーホールの演奏ですが、内容は同じです。

ヌーブルジェのモーツァルト「ジュノム」は大変好意的な論評です。

「何とも心地よい美音」「フワリと浮いたような軽やかさ」「作為を感じさせない」「遊び心を伴った生き生きとしたとした表情を生み出して秀逸」といった感じで、好意的というより、絶賛に近いですね。

概ね、当日のヌーブルジェの演奏の状況を良く表現していると思います。

ファンとしては大変嬉しい限りです。

さて、問題の大植英次のマーラーについては、福本氏は肯定的な評価を下しています。

「何があったのか」とびっくりしつつも「普通は聴き取れないような声部までクッキリ」「不自然さを感じさせない」「実に聴き応えある内容」「90分を超える演奏時間を長く感じなかった」「実に楽しめた」と、こちらも絶賛に近いです。

やはり、あの演奏は常識はずれだったのかもしれませんが、音楽的に破綻していたとは言えなかったのかもしれません。私もマーラー初心者ながら(初心者だからこそ?)結構楽しめましたので。

こういうこともあるので、これからの演奏会は、予断をもたず、虚心に聴こうと思います。

« ショパン:エチュード Op.10-1 ~オーヴェル・シュル・オワーズ音楽祭2005年ライヴ 【CD聴記9】 | トップページ | ヌーブルジェ次のアルバム »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大阪フィル定期演奏会評(音楽の友4月号):

« ショパン:エチュード Op.10-1 ~オーヴェル・シュル・オワーズ音楽祭2005年ライヴ 【CD聴記9】 | トップページ | ヌーブルジェ次のアルバム »

twitter

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ