最近のトラックバック

« ル・ジュルナル・ド・ショパン~NO.9「マヨルカの雨」 | トップページ | ル・ジュルナル・ド・ショパン~NO.11「新しい道」 »

2009年2月13日 (金)

ル・ジュルナル・ド・ショパン~NO.10「情熱の奔流」

日が変わり、11月30日(日)の朝の公演です。

トリのバル=シャイの第2ソナタがメインでしょう。

その前座という感じで、ヌーブルジェはノクターンのop37-2。

良い曲ですが、小曲でまたまた地味です。

次の48-1だったら、などとつい考えてしまうのが、素人の浅はかさです。

こういう曲を素敵に弾いてしまうのが、ヌーブルジェの素晴らしいところなのでした。

ピュアでブリリアントな音色。ゆったりとした流れの中でも、心地よいリズム感。

心が洗われるようです。

朝から良い気分です。

« ル・ジュルナル・ド・ショパン~NO.9「マヨルカの雨」 | トップページ | ル・ジュルナル・ド・ショパン~NO.11「新しい道」 »

ヌーブルジェコンサート鑑賞記」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ル・ジュルナル・ド・ショパン~NO.10「情熱の奔流」:

« ル・ジュルナル・ド・ショパン~NO.9「マヨルカの雨」 | トップページ | ル・ジュルナル・ド・ショパン~NO.11「新しい道」 »

twitter

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ